夢を切り開くために♪

「菊池雄星はなぜ英語が話せた? 昨季西武担当記者が知る左腕の不断の努力 」記事は⇒こちら。。  雄星が早くもマリナーズ・ファンの心をつかんだ―。西武からポスティングシステムでマリナーズ入りした菊池雄星投手(27)の入団会見が3日(日本時間4日)午前11時から、マ軍の本拠地「Tモバイル・パーク」で行われた。米記者団との質疑応答を、ほとん…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます新しい年が素晴らしい年になりますよう 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます 本年も宜しくお願いいたします今年も上を向いて進んでいこう~~{%うれしい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

日本プロスポーツ大賞♪

「日本プロスポーツ大賞」ってご存じですか? *日本プロスポーツ大賞とは プロスポーツ界の健全な発展ならびに振興に寄与することを目的として、1968年(昭和43年)の第1回日本プロスポーツ大賞より毎年開催されています。 www.jpsa.jp/topics.html  今年の大賞は大谷 翔平君です♪ そし…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

クリスマスプレゼント

「独、クリスマスプレゼントに激怒の少年が警察に通報 「捜査」実施」記事は⇒こちら。。 【AFP=時事】クリスマスプレゼントの華やかな包み紙を大急ぎで開けたら、期待と違う色のスニーカーや好みでないおもちゃが出てきてがっかり――こんな気持ちを味わったことのある子どもは何人もいる。だが、ドイツのある9歳の少年は期待外れのプレゼントに激怒。つ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドローン農家。。

 当校のレッスンは今日が今年最後になります。 明日はレッスン場の大掃除をします~~ 「日本の農家より儲かっている「中国ドローン農家」の働き方」記事は⇒こちら。。 中国の都市住民が豊かになったことは知られているが、農村部は「いまだに貧しい」「遅れている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4回転

「14歳佐藤駿「4回転跳べるけど3回転跳べない」記事は⇒こちら。。 14歳の4回転ジャンパー佐藤駿(埼玉栄中)が、規格外な発言で報道陣を驚かせた。フリー冒頭の4回転、3回転の連続ジャンプは転倒したが、続く4回転、2回転の連続トーループは成功させた。ショートプログラムに続いて4回転ジャンプを成功させて、フリー140・06点で合計204・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ぬか喜び!?

「ぬか喜びの韓国系住民、壁画撤去が今度は撤回」記事は⇒こちら。。 ロサンゼルス市にあるロバート・F・ケネディ公立高校のジムの外装に描かれた「太陽と美女とココナツツリー」の壁画が韓国系住民との間で大きな騒動になっている。  画家のバウ・スタントン氏が描いたハリウッド女優とココナツツリー、そして太陽の光の絵に対し、日本に侵略された民族と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

嘘から生まれた!?

「クリスマスにフライドチキン ── 嘘から生まれた日本の習慣」記事は⇒こちら。。 KFCのフライドチキンは、日本のクリスマスの習慣になっている。 1970年代はじめに日本KFCの立ち上げに携わった大河原毅氏は、カーネル・サンダースの人形にサンタクロースの格好をさせるという習慣を生み出すことに一役買った。 同氏は、クリスマスにフライ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

見られないツリー..

「今年も見られないツリー…病気と闘う子どもたち「もう一つのクリスマス」 サンタへの「ささやかな願い」」記事は⇒こちら。。 全国から小児がんや難病の子どもたちが集まる国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)のロビーに、高さ7メートルの「おりがみツリー」がつるされています。病気に立ち向かう子、それを支える家族らが折った約5000枚。実は、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クリスマス前の小さな幸せ♪

「自衛隊の“トイレットペーパー自腹問題”が、感動の結末を迎える 」記事は⇒こちら。。 「自衛隊ができない50のこと 45」 ◆「トイレットペーパーを自費購入させているのか?」と国会で質問された! ◆防衛大臣と安倍総理が、対応すると明言した ◆自衛隊のトイレは和式、基本的にはウォシュレットはない  防衛省や自衛隊に限らず、私たち…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「防衛的悲観主義」

「紀平梨花にあってザギトワにはない「防衛的悲観主義」」記事は⇒こちら。。  臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人やトピックスをピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は、フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルで初優勝した紀平梨花選手を分析。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リスフラン関節症。。

「足の甲に数カ所穴…神野美伽、20日両足手術「再び歌うために戻ってきます」 」記事は⇒こちら。。  所属事務所によると、3年ほど前から両足の甲に時折、激痛が走るため1年前に専門医を受診。骨が空洞化して穴があく病気で、足を酷使するアスリートに多くみられるリスフラン関節症の一種と診断された。 【リスフラン関節症】足の甲にあるアーチ状の関…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『ごめんね』『いいよ』

「小4男子の直訴が映した「学童保育」の大問題 なぜ「保育の質」のばらつきを防げないのか? 」記事は⇒こちら。。 小学生の子どもを持つ共働き世帯、ひとり親世帯にとって、放課後に子どもを預かってくれる学童保育はなくてはならない存在だ。「学童があるおかげで安心して働き続けられる」というのは共通の思い。学童保育に通う子どもたちは年々増え続けて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

広告合戦。。

「ふるさと納税のウラ側…過熱する自治体の“広告合戦” 税金はどこへ?10%超がサイト業者へ 」記事は⇒こちら。。 ◇“ふるさと納税”の寄付が町予算の1割超え この年末も、各市町村の熾烈な獲得競争がピークを迎えている“ふるさと納税”。過熱するその裏で、我々が自治体に寄付していたと思っていた金額の実に10%以上がポータルサイトなどの仲介…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

平成最後。。

今はスーパーに行っても「平成最後のクリスマス お正月」など・・・よく耳にしますねぇ。。 世界では「平成最後」と言われてもでしょうがね。。 「平成最後の年はどんな年だった?世界各国ロイヤルファミリーの記録」記事は⇒こちら。。 世界…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大変ですねぇ。。

「Koki, 増え続ける“タイトル”と“肩書き”に「また? もういいよ」の声」記事は⇒こちら。。 「Koki,すごい!」という声より、「また? もういいよ」という声が多くなっている。  Koki,が『ELLE CINEMA AWARDS 2018』で『エル・ガール ライジングスター賞』を受賞した。  これには、ネットで激しい“ツッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more