大家さん♪

「入居者サービス充実「大家」が増加中 野菜配布にイベント開催も」記事は⇒こちら。。
 物件は間取りや家賃、駅からの距離で選ぶ。そんな常識が変わりつつある。アイデアあふれるサービスで入居者を引きつける大家さんが今、増えている。
「無事に妊娠することができました。大家さんのお陰です」
 4年前、そう告げられた越水隆裕さん(42)は、自分の家族が増えたかのように喜んだ。
 越水さんは川崎市に5棟86室の賃貸マンションを持つ「大家さん」だ。ある日、仲介を依頼している会社から電話が入った。
「30代のご夫婦が家賃を下げてくれないかと言ってきたんですが、どうにかなりませんかね」
 越水さんは、すぐに夫婦の元を訪ねた。「なにか不満があるのですか」。そう聞いたところ、夫婦が長く不妊治療をしていること、体外受精にトライしているがなかなか恵まれないこと、貯金も底をつきつつあることを知ったという。
 前述の夫婦から相談を受けた後は、すぐに家賃を1万円下げ、5400円の駐車場代はゼロにした。他の入居者との不公平感が出ないよう、夫婦には電球切れのチェックや、騒音、不法駐車があった場合の連絡係を依頼した。そして半年ほど経って、冒頭の連絡が入ったのだ。
入居者との交流を大切にする大家さんが全国で増えている。福岡県朝倉市の中西紀二さん(44)は、父親から賃貸マンションを引き継いだ2代目。
入居者が喜ぶと思ったものはなんでもやってみる。開催するイベントは年10回を超えるという。
中西さんはある入居者の退去に立ち会った。
 入居者は、22年間その部屋に住んでいた。「うちの子は、ここで生まれて、ここで育って、ここから社会に巣立っていきました」
「大家というのはただ部屋を貸す仕事ではないんだ。お客様の人生の一部を預かる仕事だ。大家業は、なんて尊い仕事なんだ。そう思いました」
 中西さんの名刺には今、こう書かれている。
「生涯の記憶を飾る居住空間を創造し、お客様の人生に貢献します」
 素敵な大家さんが増えているのですねぇ。。
レモンの蕾です。。
画像
画像
画像

"大家さん♪" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]