知る人ぞ知る。。

今日は久しぶり?の 冷たい雨です。。
庭では白と赤の椿が咲き出しました。。
画像
画像
こちらはピンクの椿です♪
画像
 乳母やさんからカードが届きました♪「知る人ぞ知る 噂のカレー」 カレー大好きです~~
画像
 僕の?かまくらに居るのはマーシャちゃん嬉しい~~わん♪
画像
ありがとうございます~~
今日目にした記事は。。
「大切な人の最期を「看取る人」に必要な心掛け 亡くなる約3カ月前から起きる意外な出来事」⇒こちら。。
死の間際、人の心はどう変化するのでしょうか? 現役看護師の女性僧侶である玉置妙憂氏の著書「死にゆく人の心に寄りそう 医療と宗教の間のケア」をもとに、死に直面した大切な人の心に起こることについて取り上げます。
大切な人が死にゆくとき、それを看取る人の心にも変化があります。亡くなる3カ月ぐらい前、人生の着地態勢に入る頃になると、周りの人が本人に対してできることが減っていきます。
 何かしてあげたいと思う気持ちは尊いものですが、本人が望まないのであれば、特別何かをしてあげなくてもいいのかもしれません。一緒にいる時間を作って話を聞いたり、手や足をさすってあげたりする。着地間近の人には、そんなさりげない触れ合いのほうが、大きな意味を持つのです。
□「食べたくない」と言われて心配になる
□「まだ大丈夫」と「もうダメかも」の間で揺れる
□別の世界に行きつつあることを理解できない
 亡くなる1カ月前頃になると、幻覚を見て不思議なことを言うようになります。多いのは〝お迎え現象〟と呼ばれるものですが、なかには「虫がいる!」と言って騒いだりする人もいます。
このようなときは、相手の世界を否定せず、こちらが相手の世界に入る必要があります。
相手の世界の中で安心できるようにすることが大事です。
死にゆく人に、どのように向き合えばいいのでしょうか? 一言でいえば、「邪魔をしないこと」ではないでしょうか。
□できることをすべてしても後悔する
 大切な人が亡くなると、しばらくは悲しんでいる時間もありません。葬儀や各種手続きなどに忙殺されるからで、それらが済んで一段落した頃に、深い悲しみが襲ってきます。
 過ぎたことを思い出し、ああすればよかった、こうすればよかったと、後悔しては涙するのです。
 それはもう、仕方のないことなのです。したことはすべて、その時点でよかれと思ってしたことですし、たとえできることをすべてし尽くしたとしても、後悔は残るのです。
 ですから私は、「起こったことはすべて、起こるべくして起こったこと」であり、「終わったことはすべて、よかったこと」だと、いつも申し上げます。そう思い、自分を許していいのです。

"知る人ぞ知る。。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]