猫♪そして「ヘンゼルとグレーテル」

「なぜ日本人はこれほど猫が好きなのか? 東大の先生が考えてみた」記事は⇒こちら。。
画像
 少子化の進展、犬と比べた場合の飼いやすさ、いわゆる「SNS映え」……。近年の猫ブームの理由として様々な指摘がされています。セクシュアリティや人口減少を論じる一方で、20年以上も猫を愛してきた東大の社会学者が、中でも鍵を握ると踏んでいる理由について考察しました。
◇猫ブームの背景
 長年猫を飼ってきた身の上としては、「猫が可愛いのは、あたりまえ。やっと時代が追いついてきた」と言いたいところだ(笑)。しかしペットブームや猫ブームの背景には、やはりそれなりの社会の変化がありそうだ。
◇猫と人間のあいだにしか成立しないもの
 猫はそもそも自立心の強い動物であり、犬のようには懐かない。飼い主がどれだけ愛情を注いで世話したつもりでも、愛情を返してくれるとは限らない。なかには一生、懐かない猫もいる。
 飼い主は、愛情とケアを猫に一方的に注ぐだけだが、それもまた楽しい毎日である。そんな日々だからこそ、猫がたまに飼い主に甘えてくれたとき、無上の喜びを感じることができる(実のところ猫は勝手に甘えているにすぎないが……)。もしかしたら現代社会では猫と人間のあいだにしか、このような「見返りのない愛」は成立していないのではないか。
  してみると、猫と人間の関係性は人類史上もっとも深まっているのではなかろうか。いずれ人間との愛情や別れの辛さより、猫とのそれのほうが大きくなる人たちが登場するかもしれない。それゆえ、死に別れの悲しみや喪失感(いわゆる猫ロス)は、想像を絶するものがある。
 ニャンコも大好きな私です。。
明日は祭日♪三連休の方も多くいらっしゃることでしょうね。 当校は明日もレッスンを行いますが、「文化祭」前レッスンを行いました9月10月の五週目の代ゲイコを頂き11月末の5週目と合わせ、24日土曜日より30日までお休みとなります。
明日の午前中はこちらの初振付日です。当校からは5名出演予定です。
画像
画像

"猫♪そして「ヘンゼルとグレーテル」" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]