争奪戦!?

「ふるさと納税「争奪戦」が終わらない深い事情 総務省が12市町を名指し注意、従わぬ理由は? 」記事は⇒こちら。。
 7月6日、総務省が「ふるさと納税に関する現況調査結果」を発表した。昨年度のふるさと納税受け入れ総額が3653億円と過去最高となったことなどをまとめた10ページの資料だ。
 その最後のページに、①返礼割合が3割超、②地場産品以外の返礼品を送付、③2018年8月までに見直す意向がない、④昨年度10億円以上の寄付を受け入れ、の4条件に当てはまる、大阪府泉佐野市など12の市町がリストアップされていた。いわば「言うことを聞かない自治体はこの12市町です」と、総務省が公表した格好だ。
 背景にはふるさと納税の過熱ぶりがある。ふるさと納税はそもそも「寄付」であるにもかかわらず、牛肉や温泉宿泊券といった高価な返礼品ばかりが独り歩きした。
 税金の争奪戦!・・・変な感じです。。 「高価な返礼品ばかりが独り歩き」しちゃってますねぇ。。
今日は会館が取れずに夜間の舞台仕込みだけとなりました。。私はホールに向かいます。。
そして明日から二日間はゲネプロと本番♪さぁ皆最後の仕上げ!良い舞台になる様頑張りましょう~~
申し訳ありません。ブログはお休みいたします。
よろしくお願い致します。
画像

"争奪戦!?" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]