ん~困った!?

「インフルエンザを今季大流行させた2つの原因 」記事は⇒こちら。。
相変わらずインフルエンザが猛威をふるっている。今シーズンのインフルエンザの患者数は現在の調査方法となった1999年以降で最多となった。なぜ、これほどの大流行となったのか。(医療ジャーナリスト 木原洋美)
◇インフルエンザ大流行について専門家が挙げる2つの原因
 どうしてこんなに流行ってしまったのか?
 専門家は2つの理由を挙げている。
 1つは、毎年2~3月に流行するB型が、今年はやけに早く、たとえば2017年9月には、横浜市でB型インフルエンザウイルスによる集団感染が発生し、初発区では2ヵ月以上にわたる地域流行が見られたこと。B型はその後も流行り続け、12月からは例年通りA型が合流。2つの型のウイルスが同時に流行することで、患者数を押し上げていると考えられる。
 もう1つは、ワクチン製造の遅れによる供給量の不足。流行シーズン前の接種ができないままインフルエンザにかかってしまった人も、相当数いるはずだ。
◇もはやパンデミック?流行は世界中に広がっている
◇イギリスでは「ジャパニーズインフルエンザ」が大流行
◇「ワクチンは効かない」という指摘は本当なのか
◇インフルエンザワクチン接種と重症化と死亡率の関係は?
かつて集団予防接種が実施されていた時代には、小・中学生がインフルエンザにかからなかったことにより、子どもたち自身の発症や重症化を抑えていただけでなく、インフルエンザで亡くなることの多い高齢者の発症をも抑える役割を果たし、結果、高齢者の肺炎死亡も抑制されていた、というのだ。
 広い視野で見れば、インフルエンザワクチンの接種には、国全体としての流行抑制効果はあるようだ。ゆえに、自分では効果が実感できなかったとしても、真面目に受け続けることは社会人の責任なのかもしれない。
当校でも生徒達は順番にかかっていますねぇ。。 私はここ数年接種していなかったのですが、今年はタイミングがあったと言うか・・・花粉症の薬をもらいに行った時に、「ワクチンありますよ。受けますか?」と聞かれて受けました。良かったのかな?
 でも息子は学校の集団接種を受けさせ無かったのですが・・・小学6年間皆勤でした。。何なんだろう?
皆様くれぐれもご注意くださいね。

「区立小「制服」にアルマーニ 銀座、「負担重い」と苦情」記事は⇒こちら。。
 一式8万円を超える 区立ですよね。。
成長に合わせ作り替えなければいけないでしょうし・・・大変そうです。。ん~でも制服さえあれば6年間着て行く服に悩むことは無い!と考えると・・・難しいです。
こちらは・・・毎日パンくずがあっと言う間に無くなってしまいます。。困ったぁ~~
画像
画像
画像

"ん~困った!?" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]