緻密。。

「年5000万円赤字の割烹を再興した女将の改革 立ち塞がる義父の先代を緻密に納得させた 」記事は⇒こちら。。
 JR東京駅から八重洲側へ出て徒歩1分のビルにある、老舗割烹「や満登」(やまと)。明治35年創業、115年続く日本料理店だ。今では多くの日本料理屋で愛されている「本マグロの中トロ」を日本で初めて出したお店とされている。
この由緒正しき老舗割烹の美人女将が、今回の主役妻・成川祐子さん(48)だ。
店内には、東京都中央区に貢献したわずか7名の人だけに贈られたという日本橋にある麒麟像のミニチュア版が。まさに、歴史と伝統に支えられた「や満登」は立地の良さや心づくしの料理ともてなしで連日大盛況を見せている。
 しかし、祐子さんがこの店に嫁ぎ女将になる5年前までは、今からは想像もつかない状態だった。
・・・・・・・
これまで祐子さんと数々のバトルを演じてきた義父・孝行さんは…
 「私が昭和の始めの生まれですからね、今はこういう時代なんだと。ちょっと自分で目が醒めるのが遅きに失したかなと。料理屋っていうのは、女将さんがしっかりしてないと栄えないっていうことは、(2代目の)親父から聞いていましたから、息子は良い人を見つけてくれたと、それが凄く嬉しいです。」(孝行さん)
老舗と言われるまでお店が続いてる!って、すごい事なんですよねぇ。。問題に立ち向かい、時代に合わせ変化させて行く♪
此方は「EDEN」 かな~り昔ですねぇ~~
画像
Masayu Kimoto und Francesco Costa (EDEN | EDEN)
Copyright: Wiener Staatsballett/Ashley Taylor
 ん~僕は・・・変わらなくてもいい?
画像

"緻密。。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]