音大生の就職。。

「武蔵野音大生が人気企業に就職できるワケ みずほ銀行出身者が発掘した学生の魅力」※記事は・・・無くなってしまいました。。
音大の場合、演奏家以外の進路は教員や音楽教室講師が多く、一般企業へ進む学生は多くない。ところが、武蔵野音楽大学ではここ数年、メガバンク、生・損保、総合商社、航空会社などの人気企業へ進む学生が増加している。
――音大生の優れている点は何ですか。
まず、コミュニケーション能力が高い。
音大の授業は教師とのマンツーマンレッスンが多数あります。
 1時間から1時間半の間、教師と一対一で話さなくてはなりません。最初はうまく話せなくても、レッスンを通じてコミュニケーション能力が鍛えられ、自分よりも30、40歳も年上の人と物おじせずに話せるようになります。
 一般大学生は学生同士で群れることが多く、年上の人と接する機会は多くありません。アルバイト先で上司と接することはあっても、決まり切った内容について話す程度です。
 これに対して音大生は教師と曲の解釈について話し合ったり、進路についてじっくり相談したりします。一般学生と比較して、音大生のコミュニケーション能力は圧倒的に優れています。
 また、演奏会のために数カ月前から計画通りに物事を進めていくということに慣れているので、プロジェクト推進力に優れているといえます。また、演奏のために暗譜するので記憶力も優れています。
 就職にあたって「学歴フィルター」など気にする必要はありませんし、果敢に挑戦すれば必ず勝機は訪れます。これらのことは武蔵野音楽大学のここ数年の就職実績が証明しています。
 成程~~バレエも似ているかなぁ と。。
舞台に向けて計画的に進めないといけませんし!振りを覚えるので暗記力はOK!!だよね。。コミニュケーション力は・・・一つの舞台を作る為に小さい子から大きな生徒まで皆で協力するので付いてくると思います。プラス+こわ~い先生と頑張って話せればもっと成長するかなぁ。。
 ん?ママって怖いの??
画像
 さぁ♪「文化祭」に向けてファイト~~

"音大生の就職。。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]