「自分という商品の価値」

「「ヒカキンが目標」痛いユーチューバーの末路 「自分という商品の売り方」を知らなすぎる 」記事は⇒こちら。。
 VALUはSNS上での人気を指標にして「自分という商品の価値」を見える化する仕組みだ。ITでいま最も注目を集めるサービスのひとつである。私は「自分という商品を高く売ろう」と提唱しているが、VALUはまさに「自分という商品の売り方」が問われる時代に入りつつあることを象徴していると感じた。
 ヒカキンとヒカル、この2人がユーチューバー市場で「自分という商品」を高く売り続けてきた事実は変わらない。億単位ともいわれる年収を夢見て、第2のヒカキン、ヒカルを目指す者も多い。しかし、トップユーチューバーへの道のりは険しい。
自分の価値(能力)を見極めておかないと!ですね。。
こちらは、「自分の価値」を知っているかな?
「一発屋で終わらない?ブルゾンちえみの“隠れた才能”」記事は⇒こちら。。
「そろそろ飽きられ始め、瞬く間に一発屋へと向かっていきそう」と、懸念を抱いている人も多いだろう。だが、女性週刊誌の編集者は「ブルゾンは実は、お笑い以外の“武器”を持っている」と明かす。
西洋占星術といえば、誕生日と生まれた時間の星の配置を分析する難度の高い占い。それを修得したブルゾンはかなり頭が良いと見たが、やはり学生の頃は優秀な生徒だったそうだ。
 「高校時代の成績は、常に学年トップクラスだったそうです。しかも、教員を目指して国立大学の島根大教育学部に入学したほど。大学は3年生で中退しましたが、頭は良いので将来のビジョンはしっかり持っているのではないでしょうか。本人も『将来は海外セレブのように、化粧品のプロデュースをしたい』と言っていたことがありますね。もちろん、大ブレイクした反動から、一時的な衰退期は経験すると思います。でも、ファッションや占いなどの得意分野を生かし、新しいポジションを狙いつつ仕事をしていけば、生き残る可能性は高いでしょう」(前出の編集者)
 テレビやCMに引っ張りだこのブルゾンだが、一発屋で終わらない力を持っているのは確か。今後は、その力をどう生かしてくるのか注目したいところだ。(ライター・丸山ひろし)
さて、この子 は分かっているかな?
画像


"「自分という商品の価値」" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]