「スカート丈調査」

「こんなに違う!女子高生2400人「スカート丈調査」の驚くべき結果 東京はミニ、大阪「限界まで下げる」」記事は⇒こちら。。
 女子高生(JK)が「オシャレ」と考えるスカート丈は、地域ごとに違うのではないか――。そんな仮説をもとに、全国各地でスカート丈を調査しました。一番短かったのはどの県? 長かったのは? 全国の女子高生約2400人の調査から見えてきた、オシャレに対する心意気やこだわりとは。(朝日新聞スカート丈取材班)
画像
© withnews 女子高生のスカート丈調査をしてみたら…左は大阪市、右は東京・渋谷の女子高生

首都圏は〝ミニ〟
大阪「もっと下げたい」
神戸は独自の〝ロング派〟
札幌、寒くても「ミニ」
群馬と岡山「長すぎず、短すぎず」
福岡「それぞれが好きな丈」、秋田・福井・愛媛は「真面目」
 一方、「スカート丈」を決める要因は、「オシャレ丈のローカルルール」だけではないのかもしれません。
 名古屋を調べた寺田実穂子記者(25)は「高校生に話を聞いていると、『友人関係』『自分の体形』『クラスでの立ち位置』なども、スカート丈を決める要因になっているようだ」と推測します。
 学校から出て最寄り駅に着いたらスカートを腰の部分で折って短くするという群馬の私立3年の生徒は、「JKは一生に1回しかないですから、しばられちゃいられないですよ!」と話していました。
 ロング派はスカートを下ろし、ミニ派は折り曲げる――。それぞれに自身が求める「オシャレ像」のために、日々戦っていることが伝わってきました。
 自分自身らしさ♪なんですねぇ。。 JKの時間を大切にね。
実は8月のバレエは少しショックな出来事・・二件も・・で始まりました。
でも前向きに!私も頑張らなきゃ!!
 ママ♪頑張れ~~
画像

"「スカート丈調査」" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]