どこいった?

今日は雨ですねぇ。。庭にこんな子がいました。。
画像
画像
おまけ♪芍薬とヴィフ
画像
 ちょっと笑える? 記事。。
「「世界が滅ぶ」マヤ予言はどこいった? 専門家が語る予言のカラクリ 「滅亡マニア」年1回は滅んでる? 」⇒こちら。。
「世界が滅びる」から「大災害が起きる」まで、今も昔もいろんな予言が生まれては消えていきます。少し前には「マヤの終末予言」っていう言葉をよく聞きましたよね。そういえばあれって、どうなったんだっけ? 専門家に聞きました。
「マヤの終末予言」って、そういえばありましたよね。
毎年、世界が滅んでいたようです。
皆神さん:我々が使っている西暦は、12月31日に一度終わるけど、ちゃんと次の日は1月1日になって新年が始まるでしょ? マヤの人々だって、長期暦の一巡目が終わったら、次の長期暦が新たに始まると考えていて、世界が終わるなんて思っていなかったようです。長期暦よりさらに長い暦も見つかっているんですよ。例えば、2京8285兆年をさらに1兆倍する、という気が遠くなるような未来までの暦を刻んだマヤの石碑も見つかっています。
「大地震発生を言い当てていた」系も多いですよね。
なんで自分も死ぬ「世界の終わり」を期待しちゃうんでしょう。
若者:「世界が滅ぶ」って、自分たちも死んじゃうわけだから、それを楽しく話すのって、よく考えたら変ですよね。
皆神さん:人間って、基本的にヒマだったり、「ないものねだり」だったりするんです。毎日毎日同じことの繰り返しでは、飽きてしまう。非日常的な刺激を求めるわけです。
「人類滅亡」って、なんかドキドキするでしょ?女性だったら「恋愛でドキドキしたーい」とかいうのと似てるかも。これが男だと、「俺は人生負け組だ」と沈んでいる人が、「こうなったら一発逆転、フリーメイソンに入って世界征服をめざす!」とか言い出したりするわけです(笑)
「扉の向こうにあるはずの知らない世界」に行ってみたいとか、退屈な日常を飛び出したい、っていう瞬間が人間にはあるんでしょうね。
 読んでいて 面白かったです。。
 今日は長女(組)が子供を連れて会いに来てくれます~~何年ぶりかなぁ?~~

"どこいった?" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]