NG。。

「死んだふりはNG プロに聞くクマ遭遇時の“神対応” 」記事は⇒こちら。。
2016年はツキノワグマやヒグマによる死傷者が全国で多発した年だった。そして、今年もクマによる被害が出始めている。
「まず大前提として『遭遇しないこと』が大切です。山を歩くときはクマ除けの鈴を身に着けたり、大声を出したりして自分の存在を知らせるように心がけてください。クマは臆病な動物ですから、人間の存在を察知すればたいていは逃げていきます」
 だが、最善をつくしても遭遇してしまう場合はある。死んだふりや大声をあげるなど、対処法には諸説あるが、何が正しいのか。
「落ち着き、クマを見つめながら後ずさり、十分に距離をとることです。このとき決して大声はあげないでください。先述の通り、クマは臆病なのでパニックを起こして攻撃してくることがあります」
「死んだふりをすると、好奇心旺盛なクマの興味を引き立てて触ろうとしたり、場合によってはエサと認識してしまったりする可能性もあります」
クマの出没は春先から増え始め、晩夏から初秋にむけてピークを迎える。とくに冬眠明けの春と冬眠するために栄養を蓄える秋は危険なシーズン。不測の事故を防ぐためにも、万全の心構えをしておきたい。(取材・文/dot.編集部・小神野真弘)
 クマは臆病なのですよねぇ。。こちらも気を付けなきゃ!!ですねぇ。。
ツバメの巣はこうなりました。。もう7㎝位になっています。
画像
 僕も見守る♪
画像

"NG。。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]