オモチャ♪

「「よその子にオモチャを貸さなくてもいい」と教える母親の意見に賛同続々「その通り」「“貸してあげない = 悪い子” という訳ではない」など 」記事は⇒こちら。。
お友達にオモチャを貸してあげる、順番に遊ぶ……そう、子供の頃に教わった、あるいは子供に教えている人も多いはず。
しかし今、「よその子から “オモチャを貸して” と言われても貸さなくてよし!」と子供に教える母親の意見に大きな反響がまき起こっているもよう。なぜ、“貸さなくてよし!” なのだろうか?
・公園で起こった出来事
話題となっているのは、アランヤ・コルベルクさんのFacebook投稿。彼女が息子カーソン君と公園に行ったとき、数人の子供たちが駆け寄ってきて、カーソン君が持っていたオモチャに手を伸ばし、貸せと強く要求してきたのだとか。
子供たちの勢いに圧倒されたカーソン君は、オモチャを貸すのを嫌がったそう。そんなカーソン君に対してコルベルクさんは「貸したくなければ、断ればいい」とアドバイス。
断られたことに文句を言ってきた子供には、「息子は貸したくないと言ったのだから、あなたたちに貸さなくてもよい。貸したいと思っているなら、自分から貸してくれる」と返したという。
・大人ならこんなことは起こらない
・ネット上では「貸してあげる必要はない」「難しい」など大きな反響が
なかには「じゃあ、あなたの子供は誰からもオモチャを借りないのね?」などという声も聞かれたが、コルベルクさんは、以下のように返答している。
「息子が誰かと遊びたいなら、まずは挨拶をする。オモチャをひったくったり、貸せと要求したりはしない。私は、その人の持ち物目当てで、誰かと仲良くすべきではないと教えている。友達になりたいから友達になるのであって、オモチャ目当てであってはいけない」
 強さと優しさを同時に教えることは難しいもの。あなたなら、こんな状況にどう対処するだろうか?
 ん~難しいですね。でも「持ち物(オモチャも)は全てその人のもの(一部)である♪」と思えれば、おのずと態度(言葉)が決まると思います。。
私は「自分のものを大切に出来ない人は、人も物も大切に出来ないよ!」といつも話しています。
レモンの花~~
画像
画像
画像
画像
 さぁ。。今日も朝から1レッスン 昼からコンクールレッスンです~~

"オモチャ♪" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]