刀に会いに行く。。

「子孫が語る刀剣と秘話 二人の父の形見となる立花宗茂を守護する刀 」記事は⇒こちら。。
刀剣ブームで史料館を訪れる多くの客は、刀を「見に来る」のではなく、「会いに来る」という。擬人化されたキャラクターの影響があるようだ。
 「刀剣は国宝や重要文化財などの美術品として見られていますが、私にとっては、先祖に思いを寄せるための遺品です。そういう意味で刀は、私にとっても先祖に会うためのものでしょうね」(同)(ライター・植草信和、本誌・鮎川哲也)
 主人は刀が好きです。主人の祖父も刀がお好きだった様で、家に戻るともくもくと手入れされていたそうです。。そして・・主人のお父さんが戦争に行く時には家にあった一本の刀を持たせたそうです。
主人が成年した頃にはその刀たちは家に残っておらず・・・「危ないから」と祖母が売ってしまわれたそうです。。
主人nいは引き継ぎたかった想い が、ず~とありますねぇ。。
なので「刀に会いに行く」・・・分かる気がします。。
ん?じ~ちゃんのじ~ちゃんの話
画像

"刀に会いに行く。。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]