人生の棚卸し。。

今日は朝からの1レッスン♪午後からはコンクールレッスンです。
YAGPコンクール は、来年春アメリカで行われる決戦に向けての(講習会が併設された)日本予選なんですね。。講習会は明日から始まります。。
当校の出場者は一名(一人は膝の治療の為出場を断念しました。)28日金曜日が一次審査です。。私はレッスンがあるので、出場時間には会場には居られませんが・・  さぁ♪今日も頑張ります~~
 あっ♪鳩さんだ!ママ~~鳩さんが に入っていったよ~~
画像
画像
画像
画像
 金木犀♪いい香りだ▽o・ェ・o▽わん♪

以前に保存した記事♪先日のブログ記事続きでいいかなぁ。。と、思ったのですが・・・記事が消えている~~
「50代でやっておくべき「人生の棚卸し」」
*残りの30年をどう生きるか
*家族関係も友情も手入れが大切だ
*人智を超えるものと触れ合うこと
人生の後半にもできることはたくさんある。だからこそ50代を大切に生きてほしいと切に願う。
そこで・・・「人生の棚卸し」で検索したらこんな記事がありました。。
「人生の棚卸し、「自分磨き」が生涯の仕事を拓く -激変「年代別」これが手放せない人の条件だ【50代】」
http://president.jp/articles/-/7939
50代はいわば40代の余力で走る年代です。だから、40代でどれほど伸びたかが50代を決するのです。40代である程度のものをつかんだ人は50代でも伸び続けますが、つかめなかった人は残念ながら停滞の50代になってしまいます。
私はそれまで、アブラハム・マズローの欲求5段階説を信じていました。すなわち、人間の欲求には、(1)生理的欲求、(2)安全の欲求、(3)所属と愛の欲求、(4)承認の欲求、(5)自己実現の欲求という5段階があり、人間は最後の自己実現欲求を満たすために絶えず成長していく存在だ、というものです。
 この考え方を仕事に当てはめると、20代から30代の若い頃は、食べるために働く(1)から始まり、他人から認められるのをよしとする(4)を満たすために働いていました。これが40代になると、「最高位の(5)自己実現欲求で働いているのだ」と自分では信じ、周囲にもそう話していました。
 ところが50代になると、自己実現欲求の上にもう1段階があるとわかったのです。それが「自分を磨くために働く」ということなのです。
 「棚卸し」かぁ。。「自分を磨く為に」 

"人生の棚卸し。。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]