「40代の過ごし方」

「SMAP以外のジャニーズ4グループも解散の可能性がある? 」記事は⇒こちら。。
ビジュアル的にも体力的にも精神的にも衰えていく年齢にさしかかる40代。この世代になると、新しい価値観が受け入れられなくなる。思ってもみない葛藤が生まれることもある。これが“ミッドライフ・クライシス”と呼ばれるものだ。
さらに、この世代になるとなんでもがむしゃらにやれば済む年齢でもない。個人の歌手活動であればまだしも、男性アイドルは何歳になっても“かっこよさ“を求められてしまうのである。
 なるほどねぇ。。そこで・・こんな記事。。
「人生を後悔している人は「40代の過ごし方」に原因があった」⇒こちら。。
「自分の人生、なんか想像と違うぞ」と思いつつ定年まで過ごしてしまったという諸先輩方に話を聞くと、振り返ってポイントだったのが「40代だった」と答える方が非常に多くいらっしゃいました。実際、私は今50代半ばですが、新卒で入社したリクルートの同期750人を見ても確かに50代になると極端に明暗が分かれています。それを辿ると、40代の過ごし方がターニングポイントになっていたのです。
 20代から30代前半で中途半端にうまくいった人ほど、後悔している傾向にあると私は考えています。30代で昇進が早かったりすると、自分はイケてると勘違いして、そのまま40代に突入して問題意識を持ちづらいからです。
よく「名選手は名監督にあらず」と言われますが、若い頃に成功体験の多い人ほど、できない人に共感できず、育てられない傾向があります。逆に挫折が多かったり、試行錯誤してきた人は学習と修正を続けることで結果を出しています。そういう人がマネジャーになると、部下の気持ちが汲みとれるため、「この上司は自分の気持ちが分かる」とアドバイスに耳を傾け、部下は行動を変えるようになるのです。それが、組織としての力を生み出すことにつながります。

 そうこうしている間に30代で早めの出世していた人が追い抜かれ、40代でいつの間にか出世の逆転現象が起きてしまうのです。
先程も述べたように、後悔のない人生を歩んでいる人ほど、計画を立て、細かく修正や対処をしています。つまり、常にPDCAを回し、自己反省を心がけているのです。また、主体を自分に置き、自分で自分の時間や生き方をコントロールしています。
 そうでない人は優秀であっても、自分が主導権を握っていないために、上司や部下、家族など周りに振り回されています。つまり、自分で決断せず、周りに流される人ほど、後悔が生まれやすくなるのです。
「仕事を追え。仕事に追われるな」とは、アメリカの政治家ベンジャミン・フランクリンの言葉ですが、自分で時間の主導権を握って、コントロールすることが大切です。そのためにも、時間を見積もってから作業をしましょう。多めに見積もるか、少な目に見積もるのか人それぞれですが、結果的にかかった時間から逆算していけば、徐々に予定を正確に見積もれるようになります。こうして意志を持ってタスクに取り組めば、意志が計画になり、どんどん精度が高まって仕事が早くなります。
 仕事は忙しい人に頼め、とよく言われますが、忙しい人は意志を持って時間をコントロールしているから、素早くいい仕事をすることができるのです。
「どんな人生だと幸せか」ゴールから逆算して時間を過ごすべき。
 「挫折が多かったり、試行錯誤してきた人は学習と修正を続けることで結果を出しています。」・・・なのですよねぇ。。皆♪ファイト
「仕事を追え。仕事に追われるな」・・・はい♪
画像
 後ろに追われてる「お仕事」が映っちゃってますねぇ。。

"「40代の過ごし方」" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]