被災者の方の想い。。

「熊本地震の被災者が見た恐怖と避難のリアル 震災への備えが不十分な地域でそれは起きた」記事は⇒こちら。。
筆者は益城町の被災者を公的に代表する身分ではないものの、農業参入コンサルタントとして東洋経済オンラインに寄稿もしており、その立場から被災者のリアルな体験と問題意識をお伝えします。
・・・
 知人や友人の中には、「何か手伝います」「何か支援物資を送ります」などと連絡をくださる人も多いです。その気持ちは本当にありがたいし、何か手助けしてほしい、すがりたいと考える一方で、それをどう受け止めて、どのように返したらいいか気を遣ってしまうという複雑な気持ちもあります。
 震災を受けて、「これまでの人生」と「これからの人生」を半ば強引に考えさせられています。ただし、これは地震大国に住む日本人なら、いつ誰に起きてもおかしくない話です。
 複雑な想い。そして現実をリアルに表現されていて、考えさせられる事が多いです。。
そして、こんな記事。。
「大切な"家族"と一緒に避難。ペットを守るために最も確実な「同行避難」まとめ」
画像
環境省は「災害発生時にペットを一緒に同行避難させる」ことを明記したガイドラインを公表しています。
http://spotlight-media.jp/article/269983289383146143
 ヴィフは大きいので、皆さんまず驚かれるし怖いと感じますよね。。何があっても!パパの傍を離れないでね。。
画像
 遠く離れた此処も。。
「M7・7の地震、死者41人=沿岸部で被害、緊急事態宣言―エクアドル」⇒こちら。。
ロイター通信によると、隣国ペルーの北部でも強い揺れが確認され、防災当局は津波警報を発令した。

 今は祈る事しかできない私です。。
亡くなられた方のご冥福と、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。


"被災者の方の想い。。" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]