必須?

 以前にもこんな記事を見た気がしますが。。
「子どもを東大に行かせるにはピアノが必須?」記事は
⇒こちら。。

賢い子に育ってほしい、良い大学に行ってほしいと思ってしまうのは、親である以上無理もないことでしょう。では、我が子の知能を高めるために、親としては何をするべきでしょうか。もしかすると、学習塾よりも、音楽を習わせる方が、子どもの将来にとって良いかもしれません。音楽と教育の関連について、解説していきます。
■東大生が子どものころにやっていた習い事は何か?
東大生に、「子どものころどんな習い事をしていましたか。」と聞くと、「ピアノ」と答える人が多いそうです。実際、東大新聞が2015年に実施したアンケートによると、約6割近くの学生が、「ピアノ・音楽を習っていた」と回答しており、これは学習塾よりも高い割合になっています。通常、子どもが音楽を習っている割合は、約3割弱と言われており、それに比べると、東大生はかなり多くの割合で音楽を習っていたと言えます。
■音楽は教育にいい?
音楽を習わせることは、子どもの教育にとってプラスに働きます。
理由の1つは、脳の発達と音楽には関連があるからです。
脳の発達と音楽は密接に関連しており、早くから子どもを音楽に触れされることで、知能によい影響を与えることができるのです。
もう1つは、音楽に触れると、集中力が高まるということです。
音楽を習う際には、集中して、細部まで「聴く」ことが求められています。こういったことも、集中力に良い影響を与えているのかもしれません。
さらには、忍耐力も身につきます。ピアノの練習は時として長時間、週に何日も1つの曲をマスターするために練習します。こうした過程で、学習する際に忍耐が必要であることを学びます。こういった経験が、将来、勉強のために机の前に何時間も向かう時に役立っているのです。
■音楽経験が、より豊かな人間性をはぐくむ
■子どもには、早めに音楽を経験させよう
早いうちから音に触れることで鋭敏な聴覚、感性が培われるのです。動物の中でも音楽に反応できるのは、人間だけと言われています。音楽はとても人間的な行為なんですね。子どもの教育の1つとして、ぜひ、音楽を検討してみてはいかがでしょうか。
 音楽と動きが融合したバレエ♪細部まで「聴く」「見る」「感じる」、そして忍耐強く出来るまで練習しなければいけないバレエ 
如何ですかぁ?
画像

この記事へのコメント

2019年01月30日 23:29
しかも体幹が鍛えられるので、どんなスポーツの基礎にもなりますよ〜(と宣伝 うふふ)
2019年01月31日 08:47
うちのパパも子供の頃 ピアノ習ってたそうです
パパは東大行ってないけど(笑) パパのお母さんは かなり教育熱心なので ピアノを習わせるお宅は そういうお家が多いのかもって思いますね
私は田舎育ちなので 近くで出来る習い事が少なかったから 書道とか日本舞踊とかでした
子供の頃 近くでバレエができたら 日本舞踊よりもバレエをやってみたかったかも~  
2019年01月31日 09:19
こんにちは。

そうなんですか~。
ピアノ、習わせといたらよかったー。
てか、自分がしたかった~。
ballomam
2019年01月31日 10:58
乳母やさん。
こんにちは
はいありがとうございます~~
ballomam
2019年01月31日 11:02
みるしっぽさん。
こんにちは
教育熱心なお宅・・・そうですね
日本舞踊されていたのですねぇ。。
ballomam
2019年01月31日 11:04
トトパパさん。
こんにちは
音楽・・特にクラシックなど楽器を多く使っている曲を聴くと脳への刺激が良い!と聞きますねぇ。。
2019年01月31日 16:08
好きな楽曲でピアノを練習する場合には娯楽になりますが。
決められた譜面を集中して練習すると、学習につながる思考になると思います。結構つらいし、集中力も必要ですよね。
こんな私でも、理解できます。
ballomam
2019年02月02日 10:32
ベランダNO負さん。
こんにちは
その辛さを乗り越えると楽しさが見えてくるのですよね♪

この記事へのトラックバック