嘘から生まれた!?

「クリスマスにフライドチキン ── 嘘から生まれた日本の習慣」記事は⇒こちら。。
KFCのフライドチキンは、日本のクリスマスの習慣になっている。
1970年代はじめに日本KFCの立ち上げに携わった大河原毅氏は、カーネル・サンダースの人形にサンタクロースの格好をさせるという習慣を生み出すことに一役買った。
同氏は、クリスマスにフライドチキンを食べることは西洋の習慣とニュースで嘘をついたと述べた。今でも後悔しているそうだ。
“クリスマスにフライドチキンを食べる”という日本の習慣は、嘘から始まった。
1970年、ケンタッキーフライドチキン(KFC)の1号店がオープン。当時の店長、大河原毅氏は売り上げに苦戦していた。
当時、日本ではクリスマスはメジャーなイベントではなかった。そもそもクリスチャンは日本の人口のわずか2%にも満たない。
ある時、店の近くのミッション系の幼稚園から、クリスマスにフライドチキンを買ってパーティーをしたいので、サンタ役を務めてくれないかと打診された。
同氏は快諾。サンタクロースに扮装して、フライドチキンのバーレルを抱えて教室内を踊り歩いたとHousehold Namesで語った。
店の前に立つカーネル・サンダースの人形にサンタクロースの格好をさせ、フライドチキンをアメリカの七面鳥のディナーの代わりとしてアピールした。
このKFCの取り組みはニュースになった。大河原氏はNHKに、フライドチキンは本当に西洋のクリスマスの習慣として一般的なのかとインタビューされた。
これが嘘をついた瞬間と大河原氏は語った。
「チキンではなく、七面鳥を食べていることは知っていました。しかし、『はい』と答えました。嘘をついたのです」
「今も後悔しています。しかし、多くの人が気に入っているようです」
フライドチキンがいかに日本のクリスマスの伝統になったのか、その秘話の全容が気になる方は、Business Insiderのポッドキャスト「Household Name」から。
 そうだったのですねぇ。。日本で七面鳥は馴染みがなく・・・フライドチキンは食べやすいですし♪丁度良かったのですね。。
昨日は当校のクリスマス会でした。。
画像
クリスマス と言えば!「くるみ割り人形」ですよねぇ。。
画像
@kiyokahashimoto@wienerstaatsoper - Photo Credit @_ashley.taylor_ @davidedato @wienerstaatsballettofficial

この記事へのコメント

2018年12月25日 04:58
 七面鳥が手に入らないから、鶏肉で代用しているのかと思っていました~。嘘から始まったんですね。
ballomam
2018年12月25日 12:50
Nyantaさん。
こんにちは
私も!同じように思っていました。。でした。。
2018年12月25日 13:13
こんにちは。

クリスマスといえば、ケンタッキーですよね~。
昨日、ケンタッキーのパーティバーレル食べました~。
ballomam
2018年12月26日 11:01
トトパパさん。
こんにちは
食べられたのですねぇ。。今や・・・ですよね♪

この記事へのトラックバック