こんな処にも?

今日も寒いですねぇ。。でもこれで平年並みなんですよねぇ。。椿です♪
画像
やっとレッスン場にツリーを飾りました。
画像
あっと言う間に サンタさんが来て・・・ん~焦ります~~
ご訪問出来ていません。申し訳ありません。。
TVでも話題になっていましたねぇ。。
「「高輪ゲートウェイ」に違和感、駅のキラキラネーム化が起きる理由」記事は⇒こちら。。
◇「高輪ゲートウェイ」って……違和感を覚える山手線の新駅名
「それだったら高輪口駅でいいんじゃね?」
 ……みたいな会話でみんな、盛り上がったのではないでしょうか。JR山手線に49年ぶりに誕生する30番目の新駅の名前が「高輪ゲートウェイ駅」に決定しました。
 メディアには賛否両論の文字が踊りましたが、実際の世論では否定的な意見の方が多いというのが事実でしょう。みんな反対なんだけど、当事者はそう決めちゃったみたいな話に、これからなっていきそうです。
 今回の駅名の公募では、「高輪」「芝浦」「芝浜」が上位を占めていたといいます。「それなら高輪でよかったんじゃないの」という意見もありますが、新駅の場所は伝統ある高輪エリアからは少し離れた場所にあります。
 しかし幸いなことに、歴史的事実として、新駅の近くにはかつて江戸の入り口となる高輪大木戸がありました。そこでJR東日本は、「この地域は古来、街道が通じて江戸の玄関口として賑わいを見せた地である」という意味をこめて、玄関口を意味する英語から「高輪ゲートウェイ」と新駅を命名したわけです。
 訪日外国人のユーザビリティを考えるなら、品川と東京をそれぞれ「品川ゲートウェイ」「東京ゲートウェイ」に改名すべきでしょう。コンセプトにこだわるのであれば、冒頭の「高輪口」で十分。キラキラネームにこだわるのであれば、高輪大木戸にかけて洋ランを意味する英語から、「高輪オーキッド」の方が外国人は混乱しないでしょう。
◇ビジネス視点でゴーサインが出た上野東京ラインの建設
◇「あんまりな駅名」がバズることの想像以上の利益
地名、駅名は社会の共通財産であるという視点が、日本の政治には欠けているのではないでしょうか。
 そもそも日本は、世界の主要都市と比べて「景観条例」の整備が遅れています。古き良き町並みは近代的なコンクリートの建物に取って代わられ、中には奇抜な建物が平気で建設されてしまうケースもあります。
◇いっそ練馬駅を「軽井沢ゲートウェイ駅」にしたらどうか
 名前というのはとても大切なものです。自分の名前、一族の名前、そして地域の名前というものは、社会において最も重要な意味を持つものの1つ。それを経済的な理由から決定してもいいのだろうか――。
 そんなことを深く考えさせられる出来事が、今回のJR東日本の新駅名決定だったのだと思います。
(百年コンサルティング代表 鈴木貴博)
 経済面だけを追求すると・・・こんな事が起こるのですねぇ。。

この記事へのコメント

2018年12月12日 13:12
こんにちは。

寒いですね~。
ツリー、綺麗ですね~。
駅のキラキラネーム化ですか。。。
ballomam
2018年12月13日 10:57
トトパパさん。
こんにちは
急に寒くなると体調が悪くなりますよねぇ。。
気をつけてくださいね。

この記事へのトラックバック