クルーズ。。

12月になりました。。にゃーちゃんさんカレンダー♪
画像
さぁ。今日からレッスン再開です~~『ヘンゼルとグレーテル」の練習に、クリスマス会 年末の大掃除に年賀状♪忙しくなりそうですが・・・
「中国のクルーズ船業界に陰り、豪華客船の撤退相次ぐ 」記事は⇒こちら。。
◇人気を失い始めた中国のショートクルーズ
少し前、東京に来た経営者の友人に、ある相談を持ち掛けられた。クルーズ乗船客関連のビジネスをやっている彼は、席に座るやいなや、「ショートクルーズをやりたい」と相談してきた。
「日本を訪問するショートクルーズは、すでに結構あるではないか」と、私は意外さを覚えた。しかし、友人の話によれば、ショートクルーズのほとんどが九州を目的地にしているため、だんだん“買い物船”に成り下がってしまい、新鮮さも失って人気を集められなくなっているということだった。
 そこで、京都にアクセスしやすい神戸や、知名度の高い北海道などを目的地にするショートクルーズを企画したい。そして、クルーズ旅行の内容を充実させて、より多くの中国人観光客を日本に案内したいという。
 そこで、友人は「力を貸してほしい」と真剣な表情で依頼してきたのだ。
 人気が高いと言われてきた中国のクルーズ市場は、実はここのところ、いろいろな異変が起きている。
◇豪華クルーズ第1号が進出からわずか1年で撤退
◇韓国への寄港が難しくなって以来中国のクルーズ業界は低迷期に
 実は、2017年以来、韓国への寄港が難しくなったため、中国国内のクルーズ船市場は低迷期に入り、加えて国際クルーズ船が次々に新しい船を投入したため、急速に競争が激化した。
◇日本に上陸した中国人が船に戻らないケースが増えている
 一方、無視できない問題もある。クルーズ船で日本に上陸した中国人客が、船に戻らないケースが増えている。15年が21人、16年が36人、17年が79人と、わずか2年で約4倍になった。
 中国のクルーズ市場は大きく拡大している一方で、さまざまな課題も投げかけている。観光行政、そしてクルーズ業界も、一層力を入れて取り組むことが求められていると思う。
 最近は手頃?なクルーズもあると聞きますが・・・ん~色々あるのですねぇ。。
お家でお花を見ているのが一番♪かなぁ。。
画像
画像
画像

この記事へのコメント

2018年12月01日 11:48
こんにちは。

ショートクルーズですか。
そんなことになってるんですね。
ショートクルーズでもいいので、乗ってみたいです。
ballomam
2018年12月02日 10:17
トトパパさん。
こんにちは
船旅って憧れますねぇ。。

この記事へのトラックバック