“地続き”

「「子役は劣化する」を覆す芦田愛菜、驚異的な“地続き感”で飛躍 」記事は⇒こちら。。
「芦田愛菜」でネット検索をかけると、本人が出演する『CM動画』が上位検索にあがる。
人気子役と言えば、その“無垢さ”のインパクトからか、劣化したなどと誹謗中傷されたり(まだ10代にもかかわらず、だ)、成長を“穢れ”と揶揄する宿命を背負わされている。だが、彼女の場合は清廉潔白さを保ちながら女優業にまい進し、プライベートでは名門中学にも入学するなど、子役時代から変わらぬ驚異的な“地続き感”を維持し続けている。
■難関中学突破の報せで再認識
■「天才子役」が仇となったか、過去には批判の対象にも…
■子役出身者を苦しめる“パブリックイメージ” 芦田愛菜は 類まれな“地続き”感でアンチを一蹴
 安達祐実に代表されるように、子役が自身のイメージから脱するには“断崖絶壁”があり、苦労して乗り越える必要があった。だが芦田に関しては、バッシングはあったにしても、そこは“地続き”なのだ。
■仕事と学業の両立による“ほどよい露出具合”が希少価値に!
 そんな芦田が朝ドラで史上最年少となる「語り」を担当することが先日発表された。10月からスタートする安藤サクラ主演の『まんぷく』で“声”の出演をする。この報道を受けて「プロ意識ハンパない」、「膨大な読書量と語彙力の豊富さ!楽しみ」、「そのうち朝ドラの主演になりそう」などの期待の声が多数あがっている。驚異的な“地続き”感で安定した活躍を見せる稀有な女優・芦田愛菜。彼女が今後どのように成長、変化を見せてくれるか楽しみだ。  (文/中野ナガ)
なるほどねぇ。。自分の人生をしっかり見据えて、一歩一歩確実に歩を進めて行った結果なのでしょうねぇ。。 これからも楽しみです。。
 パレルモでお仕事中♪
画像
※客席中央に座っているCarolynの隣、赤いシャツがYutaka です。
 今回の Assistant choreographer とは、振付家(Carolyn Carlson)の数日前に劇場に入り、振付の指導やチェックなどを行います。カロリンが着いた後は側に付いてアシスタントとして行動する♪というお仕事です。
舞台本番は今日から♪
ニィニ♪
画像

この記事へのコメント

2018年09月20日 22:34
 ヴィフちゃんの右目、ちょっとつり目気味なのがかわいいと前から思っていたのですよ~
2018年09月21日 09:08
こんにちは。

芦田愛菜ちゃんはいい感じに成長してますかね。
安達祐実ちゃんは今でも可愛いですね。
ballomam
2018年09月21日 14:55
Nyantaさん。
こんにちは
そうですかぁ。。右目ですか!?確かめます~~
ballomam
2018年09月21日 14:58
トトパパさん。
こんにちは
二人は上手に成長した成功例ですよね♪

この記事へのトラックバック