生態系の混乱。。

「熱帯原産の有害生物が猛暑で繁殖し始めた日本」記事は⇒こちら。。
◇気候変動? 「タマゾン」川の恐怖
私:「39度とか40度とか、インフルエンザの体温みたいなものだねぇ」
小谷君:「そうですねぇ」
私:「もしかして異常気象というより、気候変動で熱帯とか亜熱帯に近づいてるんじゃないかな・・・」
小谷君:「もうとっくにそうなってるんじゃないですか?」
◇ピラニアも増殖 アマゾン化する多摩川
 アリゲーター・ガーというのは、ガーの仲間で、ガー目ガー科に属し、ガーの中でもアリゲーター・ガーは最大級に属して体長は2メートル程度まで成長、天然では3メートルを超えたものも捕獲された記録があり・・・。
 スプーン鱗魚とでも訳せばよいのか、口吻が匙のような形をした巨大なお魚で、シーラカンス、ギンザメなどに次いで古い歴史を持つとされる。端的に言えば「生きた化石の巨大魚」ですね。
 基本は熱帯の大河に住み、ほとんど湖か海のようなアマゾンであれば、こういう巨大魚が増殖しても自然と思いますが、何とこういうやつらが日本国内の河川や湖でも観察され、年々報告例も増えているというのです。
 東京都と神奈川県、例えば大田区や狛江市と川崎市とを隔てる「多摩川」では、ピラニアやアロワナなど、元来は熱帯に棲む魚が自生しているのが見られるようになってしまった。
◇南から押し寄せる危険外来生物
 各種の異常発生など、生態系の混乱があって全く不思議ではありません。その中には人間に被害の出る2次、3次影響があって、全然おかしくはない。
 日本でマラリアが流行るようなことがないよう、風が吹いたとき桶屋が儲かるリスクも勘案しながら、生態環境の複雑系挙動を見守っていく必要があるように思います。
 気候が変化すると、生態系も変化してしまいますよねぇ。。日本が日本でなくなる
今ヴィフは昼から夜まで(冷房のかかった)部屋の中に入れているのですが、もともと食べない方なのですが・・・昨日からご飯を食べなくて。。ちょっと心配です。。
画像

この記事へのコメント

2018年07月24日 14:26
こんにちは。
ヴィフちゃん 大丈夫ですか?
暑いですもんね。。。
2018年07月25日 09:05
こんにちは。

これだけ暑いと、生態系も崩れて来るでしょうね。。。
明後日からちょっとマシになるようですね。
ヴィフ
2018年07月25日 10:45
にゃーちゃんさん。
こんにちわん
うん♪昨日はちょっと食べた!わん♪
ballomam
2018年07月25日 10:49
トトパパさん。
こんにちは
今日は少しましですねぇ。。
体調に十分お気を付けくださいね。

この記事へのトラックバック