色つき♪(爆)

画像
画像
画像
画像
画像
©Wiener Staatsballett/Ashley Taylor
ウィーン在住のはっぱさんのブログより。。
『5月30日は、私は清香ちゃんのミルタに釘付けだったのだが
(なにせ雰囲気がぴったりで・・・あ~、こわ(笑))
今日は、木本クンのアルブレヒトがセンセーショナル!!!!
(この間もセンセーショナルだったが本日はもっと見事)

木本クンについては
デビューした頃から、なんてノーブルなダンサーが、と
折に触れ書いて来たけれど

まさか、ここまで伸びるとは・・・
最初の頃から、スタイルの良さと品のあるバレエだったけれど
どこまで巧くなるんですか、このダンサーは。

身体の中心がビクともせず
ピルエットが徹底的に安定していて見事だし
手足が長くてのびのびしていて
ジャンプが高くて(アルブレヒトの最後のソロ!)
掴む空間の大きさが抜群。

抑制の効いたクラシックの型を守りつつ
最初のソロから圧倒的な空間の広さとノーブルさ。
しかも着地が柔らかくて、ほとんど音がしない。
(後半ではウィリーのマーシャより
 アルブレヒトの方が足音がしないので、ちょっと笑った)
すごいよ、木本クン・・・』

 少しは「俺」オーラ♪出て来たかしら? 日本人は身体も精神も成長が欧米の方より遅いと感じています。だから!息が長い♪のだと。。
さぁ。。私も頑張らなきゃ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年06月04日 14:15
こんにちは。

ど素人の私には、そこらへん良くわからないですが、
バレエの人って凄い身体能力なんでしょうね。
2018年06月04日 22:03
 ずっと前に読んだ「バレエマンガ」の中に、『日本人ダンサーの腰・脚・ひざの強さったらないよね!』『ジャンプで降りる時に音がしないのもクレイジ~』というセリフがありました。
 そういうものなんですか?
ballomam
2018年06月04日 23:12
トトパパさん。
こんにちは
案外運動音痴!って人も多いのです。でもバレエをしているとバランス感覚は良くなります~~
ballomam
2018年06月04日 23:22
Nyantaさん。
こんにちは
日本人に限らないと思います。強さは筋肉の質による所は大きいと思います。
降りる時に音がしないのは、身体の引き上げと降り方(足先の使い方と言うか、体重の移し方と言うか)かなぁ。。
これは以前にもお話ししたかもしれませんが、腕の力(使い方)だけで飛べます(身体が浮くのです)♪これは全優にも教えました。
ballomam
2018年06月04日 23:24
Nyantaさんへ追伸。
腕と言っても実際は背中です♪
2018年06月06日 07:37
昔の日本人はとにかく足が短かったですし、見栄えも良くなかったですよね。最近の子は、足が長い!
欧米の方に引けをとらなくなりましたね~。
ballomam
2018年06月07日 10:46
TAMOさん。
こんにちは
そうですよねぇ。。
ballomam
2018年06月07日 10:47
ベランダNO負さん。
こんにちは
ありがとうございます~~

この記事へのトラックバック