体質!?

「日本人の「ハチ公体質」は、不幸しか招かない 上下関係で成り立つような忠誠心は危険だ 」記事は⇒こちら。。
 アメリカンフットボールでの悪質タックル問題をめぐる騒ぎがようやく落ち着いてきた。いろいろな意見があるだろうが、個人的には今回の「チャンピオン」は、宮川泰介選手である。
 多くの偉大なスポーツ選手が有名な理由は彼らの身体能力にある。しかし、フィールドでプレッシャーをかけられた若い宮川泰介選手はチーム、日本大学、そして何よりもスポーツの上を行く強いモラルを見せた。自己の行為を反省し、彼のコーチを含むその行為に至った原因の事実を話すことによって宮川選手は最近の日本によく見られる「ハチ公体質」から離れたのである。
◇犬を偶像化することに驚いたジャーナリスト
 筆者が初めて日本に来た頃、当時ジャーナリズムの先輩であった海外特派員ブルノ・ビロリ氏が「いったいどんな国が犬を偶像化するのか」声に出して不思議がっていた。彼が言っていたのはハチ公のことだった。日本が軍国主義の道をたどっていた頃、ハチ公は主人への盲目的服従の象徴として人気になった。
 忠誠心はとてもよい価値観であり、それが正しく使われれば最高によい結果を出すことができる。
◇タカタや東芝で起きたこと
 日本人のハチ公体質は、学校教育で育まれている。日本では、権力に立ち向かうよりは、従うことを教えられがちで、「いい子」は、人と違ったことをしない子だ。生徒たちは、自分で考えるより暗記をすることを求められる。一方、フランスではつねに考えられることを求められる。教師たちも、一方的に授業をするのではなく、それぞれ生徒の個性を引き出すような授業に力を入れている。
◇指導者不足に陥っている日本
ハチ公体質は、指導者ではなく、「指導される人々」を作り出してしまった。
企業でも、なかなか次のリーダーが誕生しない。
 が、日本の若い世代はこうした権威に対してノーを突きつけ始めているように思える。
確かに若い世代でも、表立って上司や会社に立ち向かえる人は少ないだろう。それでも、少しでも理不尽な状況に背を向ける人が増えれば、日本は少しずつ変わっていくかもしれない。
 「ハチ公体質」・・・これは、信頼関係と愛によって結ばれていると思うのですが。。ねぇ。。 だから・・・海外の映画にもなったのだと思うのですがねぇ。。
今回のアメフト問題は「理不尽な権力によって!」だったと思いますねぇ。。
画像
画像
さぁ。。プログラムの準備は、卒業生からのメッセージも全て届きました♪祝辞はまだ一件届いていなくて 他色々・・・それでも進めないと!!です。。
それにしても携帯の調子が悪い!!ん~この忙しい時に!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2018年06月03日 10:24
こんにちは。

ハチ公体質ですか。
忠誠心は、尊敬できないとなかなか難しいですね。
ballomam
2018年06月03日 15:17
トトパパさん。
こんにちは
そうですよねぇ。。何事も愛があるか無いか!だと思うのです。
2018年06月04日 00:05
良くも悪くもそれが日本人なんでしょうかね?
良い部分はそのまま、悪いところを見直す必要があるのでしょうが「言うは易く行うは難し」ですよね〜
ballomam
2018年06月04日 23:10
乳母やさん。
こんにちは
どこか紙一重の気がして…難しいですねぇ。。
2018年06月06日 13:49
あの件は、パワハラだと思います。
ワンちゃんの素敵な話を引用するのは、どうかと思います。
信頼関係、師弟愛など、大切ですね。
ballomam
2018年06月07日 11:06
ベランダNO負さん。
こんにちは
力♪の意味が動物と人とでは違いますよねぇ。。

この記事へのトラックバック