おっさん!?

「カラオケで歌うと“おっさん認定”されるランキング。サザン、小沢健二…は何位? 」記事は⇒こちら。。
彼女とのデートでカラオケ、合コンの二次会でカラオケ、会社の飲み会でカラオケ etc.
 コミュニケーションの場として定着しているカラオケだが、その場に女性がいるとどんな曲を歌えばいいのか、悩んでしまうという方も少なくないだろう。
 そこで今回は全国の20代女性100人に、『カラオケで歌われたら“おっさん認定”するアーティストは?』というアンケートを実施。編集部が50以上のアーティスト(男性ヴォーカル限定)をリストアップし、そのなかから“おっさん認定”するアーティストを選んでもらった(複数回答可)。
◆20代女性が“おっさん認定”するアーティスト、ワースト10位→6位
同率9位…浜田省吾(30人) 小田和正(30人)
8位…鈴木雅之(32人) 7位…小沢健二(34人) 6位…米米CLUB(35人)
◆5位…『チェッカーズ』(36人) ◆4位…郷ひろみ(38人)
◆3位…田原俊彦(48人) ◆2位…松山千春(53人)
◆1位…井上陽水(54人)
「アンドレ・カンドレでデビューしたのが、およそ半世紀前。“世紀”単位で語れるような生きるレジェンドに対して、“おっさん認定”うんぬんの物差しで語るのは無粋に感じるほどです(苦笑)。逆に言えば、井上陽水さんの歌をカラオケで歌う時点で、その歌っている本人も“おっさん認定”は覚悟のうえでしょうから、周囲がとやかく言う必要はないのでは?」(堺屋氏)
◆20代女性からほぼ“おっさん認定”されないアーティストは?
1票で並んだB’z(1988年デビュー)、スピッツ(1991年デビュー)、Mr.Children(1992年デビュー)の3組が、デビュー年数が古い組と言えるでしょう。しかし、この3組は近年でも若者向けのドラマや映画やアニメの主題歌に楽曲提供をしているため、世代関係なく受け入れられています。おっさん世代からするとB’z、スピッツ、Mr.Childrenらの歌は、自身もリアルタイムで聴いていたこともあるでしょうから、20代の若者との懸け橋的なアーティストと言えそうですね」(堺屋氏)
 では、この3組の楽曲のなかで、特に“おっさん認定”されにくいオススメの曲は?
「B’zならば、2009年に山下智久さん主演で放映された月9ドラマ『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』の主題歌となった『イチブトゼンブ』。スピッツなら、2017年に生田斗真さんと広瀬すずさん主演で映画化した『先生! 、、、好きになってもいいですか?』の主題歌である『歌ウサギ』。Mr.Childrenであれば、山下智久さん主演でサードシーズンまで放送され、今夏映画化もする『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の主題歌『HANABI』。この3曲は鉄板ですから“おっさん認定”はまずされないと思います」(堺屋氏)
なるほど~~ 私は陽水の曲好きなんですが…ねぇ。。「おばさん」認定♪
画像
 僕はおっさんじゃないもん♪
さて、この二週間は期末試験期間なので、合同レッスンは入れていません。今日の午後からはコンクールレッスンです♪
昨日の恐竜の卵♪(とまるさん♪私もこっちの方が良かったです~~)ソテツの花だそうです。

この記事へのコメント

2018年06月24日 10:56
こんにちは。

全部、私が歌う唄ですね。
完全におっさんですね。
ballomam
2018年06月25日 10:58
トトパパさん。
こんにちは
そうなのですかぁ。。
櫻弁当
2018年06月26日 06:32
おっさん歌(笑)、つまりはオールディー(oldie)ってことですね。オールディーにはいい歌がたくさんあったような気がします。
ballomam
2018年06月26日 13:12
櫻弁当さん。
こんにちは
今の歌よりオールディーって言うのですか!?(昭和かな?)の歌の方が良い歌が多いと思います~~
2018年06月28日 21:29
認定されても良い!(^▽^)
好きな歌を歌いましょう!
ballomam
2018年06月29日 10:00
TAMOさん。
こんにちは
そうですよね!楽しまなきゃ!!

この記事へのトラックバック