“風前の灯火(ともしび)”?

「【エンタメよもやま話】CDって無くなるの? 車載プレーヤー廃止に続き、世界最大の家電店ネット通販を中止の背景」記事は⇒こちら。。
 レコードに代わる音楽ソフトとして1982(昭和57年)年に発売されたコンパクトディスク(CD)。記念すべき世界初のCD第1号が、米シンガー・ソングライター、ビリー・ジョエルの大傑作「ニューヨーク52番街」(1978年)だったのは有名な話です。
 ところがその後、ネットの普及に伴い、楽曲を違法にタダでネットから取り込む違法ダウンロード問題や、2003年に登場した有料の音楽配信サイト「 iTunes Music Store (アイチューンズミュージックストア)」(現アイチューンズ・ストア)の登場で、音楽はCDではなく、ネットを介し、配信で楽しむものに様変わり。2008(平成20)年にはネット購入(配信)の売上高がCDの売上高を初めて追い抜きました。
■全米CDアルバム市場1.4兆円、それが10分の1以下に激減
■「邪魔なCDコーナーより儲かるスマホ売り場を」
 同紙の音楽担当記者、ランドール・ロバーツ氏はこの記事で、昨今のビニール・レコードの復権や、ハリウッドにある世界中の音楽マニアの憧れのCD店「アメーバ・ミュージック」では、今もあらゆるCDが買えるし、世界最大の音楽データベースのサイトで、中古CDの売買も行う「 Discogs (ディスコグス)」での中古CDの昨年の総売上高は、前年比28%増で、CDには、まだまだニーズがあると強調します。
 とはいえ、多くの人々は、米国ではそう遠くない将来、CDがカセットテープと同様、マニアのための隙間商品になるだろうとの見方が大勢占めています。
 日本でもCD不況が続いていますが、さすがにホスピス・ステージというほど状況は酷(ひど)くありません。しかし、米国で起きた事柄や現象は数年後、着実に日本にも伝播(でんぱ)している事実をかんがみると、日本でもCDというフォーマットが消える日は案外、早いのかもしれません…。
レッスン曲もダウンロード?ん~使いにくいです~~ 
今あるCDを大切に使わなきゃ♪です。250枚あるかな!
芍薬も出てきました♪
画像
 ヒヤシンス♪
画像
画像
紫陽花の葉もお花の様ですねぇ。。
画像

この記事へのコメント

2018年03月18日 23:55
 体調は大丈夫ですか?

 あたいも、仕事で音楽を必要とすることがあるのですが、今やCD屋さん(?)にモノが無くって、困ることが多いです。わかい人は「ダウンロードすればいいんですよ~」って言うけど・・・本屋さんとCD屋さんは消えないで欲しい!
2018年03月19日 00:37
レコードやカセットテープが見直されているようですが、CDはどうなんでしょうね?
今のPCにはCD,DVDスロットがないですからね
2018年03月19日 08:16
こんにちは。

CDは無くなるかもしれませんね。
私もレンタルはしますが、他はもうほとんどダウンロードして買ってます。
ballomam
2018年03月19日 11:06
Nyantaさん。
こんにちは
ありがとうございます。
発表会の配役が結構大変なんです。。
ですよねぇ。。私も!本屋さんとCD屋さんは必要です~~
ballomam
2018年03月19日 11:07
乳母やさん。
こんにちは
えっ!今のPCはCD,DVDスロットないのですか?
ballomam
2018年03月19日 11:09
トトパパさん。
こんにちは
ダウンロードした音源って音は良いのですか?
2018年03月19日 17:44
音楽のダウンロードって一度しかしたことないです

新しいPCにはCD・DVDが使えないの?
それって凄く困りますよね
保存されてる写真がボツになってしまうんじゃ???
ballomam
2018年03月20日 13:10
とまるさん。
こんにちは
私もダウンロードは一度だけです。
保存媒体も変わっちゃうのでしょうねぇ。。

この記事へのトラックバック