星(ミシュラン)☆

「世界の料理界を駆け巡った「星(ミシュラン)」返上の本意とは?」
記事は⇒こちら。。
昨年9月、料理界に衝撃が走った。ミシュランガイド、通称レッドブックで三つ星を獲得し続けて来たフレンチレストラン「ブラス ル・スーケ」シェフ、セバスチャン・ブラス氏が、フェイスブックの動画を通じて次年度版への非掲載希望を表明したのだ。抜き打ちで行われる同書の調査、評価に対する「重圧」からの解放を求めてのことだという。
 21世紀の仏料理界を代表する一人、自然から料理を創造するアーティストとしてその名を轟かせるミシェル・ブラス氏は静かに口を開いた。
「今回の発信は、ミシュランを否定するものではありません。ゴーミヨ然り、料理店を格付けする有名ガイドのいずれもが、その調査方法や評価に暗黙のルールを設けています。しかし、それは必ずしも私やセバスチャンが思い描く店の在りよう、料理スタイルに沿うものではない。画家や音楽家と同じように、私たちは24時間、常に料理のことを考えています。純粋に作りたいものを作り、自由に表現することにこそ、料理人としての喜びがある。そこには、他者が定めたルールは要らないのです。実際、私は一度たりとも、星を得るために自分を曲げたことはありませんでした」
「セバスチャンも46歳になり、難しい世代交代を乗り越えて、見事にこの10年、実績を積んできました。ゼロから星を増やして来た私に対して、いきなり三つ星を引き継いだ彼のプレッシャーは、想像を絶するものだったと思います。当初は失敗を待たれていた節さえありました。
 今なお、ブラススタイルを守りつつ、彼らしく、新たな挑戦を続けているわけで、そろそろ『星』に煩わされることなく自由に、雑念を払って進むといい。時は満ちました」
『ブラス流で進むのみ。店の価値はお客様が決めるのです』
 「自分(Nakata) 流で進みのみ」なんですね。。価値は観客の方が決めて下さる♪ 勇気を頂けた気がします。
こちらは・・・落ち込みますよねぇ。。
「織田信成、自身のSNSに殺到した「羽生くんすごい」の声に落胆」
記事は⇒こちら。。
「好きな女性のタイプ」を聞かれた織田の答えは、新垣結衣。だが実は羽生もガッキーのことが好きだと明かした。ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)出演時は、織田と羽生で「恋ダンス」を踊り、その様子を織田のTwitterにアップ。すると、4,000リツイートという見たことのないリツイート数で驚いたという。
 しかし、織田のもとに届くリアクションは、「羽生くんスゴい、羽生くんスゴい」と、すべて羽生のダンスを評価するものばかりだったそうで、織田は「僕のSNSやのに」と落胆したと話していた。
画像

この記事へのコメント

2018年01月16日 22:06
こんばんは。
私も商売をしているのでわかる気がします。
ミシュランに載ってなくてもおいしいお店はありますし、載っていても口に合わないお店もありますね。
味覚も感覚も、人間の五感に関するものすべて、人それぞれですよね。
2018年01月17日 10:15
こんにちは。

重圧からの解放ですか。
なるほど。
たしかに重圧があるでしょうね。
プロ中のプロならではですね。
ballomam
2018年01月17日 10:43
TAMOさん。
こんにちは
「人間の五感に関するものすべて、人それぞれ」
そうですよね♪だから、まずは自分で確かめる!ですね。
ballomam
2018年01月17日 10:53
トトパパさん。
こんにちは
これはかなりの重圧なのでしょうねぇ。。
2018年01月17日 20:21
 地元の雑誌に取り上げられて有名になった途端に忙しくなったためか対応も味も変わってしまうお店もありますからね~。ミシュランなんてことになったら、さぞかし・・・と思います。
ballomam
2018年01月18日 10:50
Nyantaさん。
こんにちは
そういう事ありますねぇ。。
ちょっと取り上げられただけで行列が出来てしまいますものねぇ。。

この記事へのトラックバック