やるべきポイント♪

台風の後晴れの日が続いていますね。寒さも少し収まっています。。
でも・・・ストーブ出しました♪
画像
 丸型ストーブ 去年冬の終わり、セールで買いました。。

最近「発達障害」という言葉を耳にする機会が多くなりました。なんだろう??
こちらの記事はネット上にもう無くなってしまったのですが・・・ 対処方法が似通っている気がします。。
「子のイジメ 頭のいい親がしている「神対応5」 」
イジメはある日、突然わかる。
イジメというものは哀しいことに親には「わが子の堤防決壊」の瞬間まではわからないものなのだ。
ここで親は焦りまくり、しばしばパニックに陥り、事態を余計悪化させる事例も散見される。ここでは、その「とてもじゃないが容認できない事態」が起こったときの親の対応策を論じてみたい。
【親の正しい対応策1:子どもの安全地帯を確保する】
これには、ふたつのやるべきポイントがある。まずひとつめが「体の居場所」を確保すること。
わが子に安全なところにいる権利があるということを伝えることだ。家庭内でも良いし、保健室でも良いし、習い事の空間でも良いし、とにかく安心安全だと本人が思える居場所を確保することが先決になる。
これを「逃げ」だと言う人がよく出るが、これはある意味、戦争なのだ。
形勢不利な場合、一時撤退はセオリー。安全を確保した上で戦術を練り直すのは当然である。
次に「こころの居場所」の確保だ。早急かつ速やかにわが子の自尊心のチャージをしなければならないのだ。
【親の正しい対応策2:被害者根性に囚われすぎない】
イジメは交通事故に似ている。誰にでも起こりうる問題であることがひとつと、示談などが成立して、その事故のお裁きが確定したとしても、被害者には後遺症が残ることもままあるという点でもそうだ。
 被害者の傷は一生ものになりかねないことを理解しながらも、この経験を決して無駄にはしないという決意を胸に秘めることをお勧めしたい。
【親の正しい対応策3:学校のスタンスを理解し、教師を敵に回さない】
イジメ相談を受けるといつも思うが、戦術ミスを重ねたために学校を敵に回し、泥沼化を招く親が出るのだ。
 泥沼化した後では対応に苦慮しがちになるので、初動がとても大切になる。それには学校側の立場を把握しておく必要がある。被害者側からは理不尽に映るだろうが、学校というところは警察でもなければ、裁判所でもない。つまり、どちらかに加担するということはしない。
【親の正しい対応策4:落としどころを考えた交渉術を駆使する】
要望を出すときは同時に「落としどころ」を考えておくことも親の責務なのだ。
【親の正しい対応策5:元を取るという意味を考える】
イジメを受けた者の傷は一生癒えない。子どもは多分、このことを一生、引きずるだろう。しかし、あなたのお子さんはその時に大人がどう動いたのかを見ている。大人たちは信頼できると思えるかどうかで、その子の伸び方が違ってくる。
イジメを受けたならば、人としてどう生きることが良いのかを学ぶチャンスだと方針転換をした方が潰れない。

親は「この経験を絶対に無駄にしない」という決意を持って、今ではなく「10年後、笑う」という気持ちで対峙しよう。かなり苦しい戦いにはなるが、明けない夜はないとだけ経験者は言っておく。

「安心安全だと本人が思えるこころの居場所を確保する」 これは全ての子供に必要だと思います。
 僕の居場所・・・確保♪
画像

この記事へのコメント

2017年11月04日 23:00
うちもストーブは少し前から出てます(笑)
まだ寒い朝の時だけしか使ってませんが。。。

いじめ問題。。。親の戦略ですか
う~ん。。。です

昨日は孫の子守り
今日は爆睡で休養と夕食後に実家へ
また何か無いとか言ってたので明日は一緒に探してあげようと思います
2017年11月05日 02:05
こんばんは。

わ、丸型ストーブ!
小学校時の教室を思い出します。
石油ストーブの匂い、好きなんですよね。
発達障害。。。
私もなんか発達障害じゃないかと思ってます。。。
人として、かなり欠陥品ですわぁ。
2017年11月05日 02:21
私は小学校と中学校の頃いじめを受けました。まだ、やった者達の名前を憶えています。
でも、親は「子供の喧嘩に親が出るのはふが悪い」と言って何もしなかったし、学校なんてこういうことに関しては無いに等しかったですね。
ballomam
2017年11月05日 10:17
とまるさん。
こんにちは
我家はまだ灯油を買ってなくて…
う~ん。。。ですかぁ。。
お忙しいのですねぇ。。お身体大切にしてくださいね。
ballomam
2017年11月05日 10:19
トトパパさん。
こんにちは
私もストーブが良いです~~
最近は何でもかんでも病名?を付けてしまう?気がします。。
ballomam
2017年11月05日 10:22
櫻弁当さん。
こんにちは
そうだったのですね。
私は子供と真直ぐ向き合える事が大事かなぁ。。って思います。。

この記事へのトラックバック