「デジタル終活」

「「スマホを残して死ぬ」ことで起きる深刻問題 個人情報を遺族が見ることを想像しているか」記事は⇒こちら。。
「デジタル終活」という言葉を知っているだろうか。これはパソコンやスマートフォンなどのデジタルデバイスに入っている写真、書類などのデータ、アプリやサービスの登録情報(アカウント)といった「デジタル遺品」の死後の取り扱いについて考える活動だ。
 かつてガラケーが主に使われていた頃のように、電話帳とメールのやり取りくらいしか情報が入っていなかった時とは違う。昨今は、スーパーコンピュータといっても差し支えないほどの性能を備えたスマホを、1人1台持つ時代。状況が激変している。
 相続問題に精力的に取り組み、日本デジタル終活協会代表理事も務める伊勢田篤史弁護士は、「通常想定される物理的な遺品とは異なり、『デジタル遺品』はその存在を相続人も把握しにくい点が特徴。整理しておかなければ、思わぬトラブルを引き起こす」と話す。
 「家族に内緒にしておきたいものは、きちんとデータを処理する等の対策を取ってほしい。そうすれば、残された遺族も、知らなくてもいい真実を知ることなく穏やかに過ごすことができる。デジタル終活で、自分自身のパーソナルな領域も家族も守ってほしい」(伊勢田弁護士)

「デジタル終活」の進め方は?
 では、「デジタル終活」は具体的には、どのように進めればいいのだろうか。伊勢田弁護士が定期的に行っている「デジタル終活」セミナーでは、受講者に自分のスマホやノートパソコン等を持参してもらい、「デジタル世代の引き継ぎノート」等を使いながら、遺族にとって必要な情報を書き出す作業を実際に体験してもらう。
 このノートは、デジタル遺品の死後の取り扱いに関する情報に特化させたエンディングノートになっている。パソコンの中や、クラウドストレージに情報を保存しておくと、結局取り出せないことになる可能性があり、また情報セキュリティの観点からも、アナログではあるが紙として物理的に残すことが安全だ。

 「『終活』という言葉はだいぶ普及したように思えるが、実際に終活に取り組んでいる方はまだまだ少数にとどまる。ただ、今後、日本は超高齢社会で相続が次々と発生することは確実。遺された若い人が、身内の相続紛争に巻き込まれ疲弊することなく、本来なすべきことでパフォーマンスを発揮できる世界をサポートしたい」(同)
 自分が死ぬことを前提とした行動を取ることは、確かに心理的にハードルが高い。しかし、デジタルデバイスは誰しもが日常生活の中でつねに触れているため、比較的抵抗感なく考えることができる。「デジタル遺品を残したまま死んだらどうなるか」を考えることを通じて、デジタルデータ以外の重要な事柄にも思いを馳せる、よいきっかけになる。それが「デジタル終活」の重要な意義になりそうだ。
ですよねぇ。。スマホはもう個人の身体(頭かな?)の一部だったりしますねぇ。。
えっ!私の携帯?・・・「あんたの写真ばっかり!」
画像
画像
 貴婦人のドレスの裾の様です~~
画像
 今朝は環(長女組)(産休最後の実家帰省中)が娘を連れて遊びに来てくれました。来月から仕事復帰だそうです。
画像

この記事へのコメント

2017年09月12日 10:07
こんにちは。

デジタル終活、私もちゃんとしてますよ。
暗証番号や、ヤフーのプレミアム料金など、死んだら解約できるようにまとめいています。
2017年09月12日 12:19
デジタルの後始末、たしかに必要ですね。することはして、遺言に入れておかなきゃ・・・
ballomam
2017年09月12日 13:32
トトパパさん。
こんにちは
されているのですね!素晴らしい~~
解約出来るように出来るのですか!
ballomam
2017年09月12日 13:35
櫻弁当さん。
こんにちは
はい。遺言にも!ですねぇ。
2017年09月17日 23:17
そう言われると、ダンナくんがどこにどんな契約してるか、知っているようで知らないですね~
私のスマホもばっかりぃ~(笑
ballomam
2017年09月18日 14:42
乳母やさん。
こんにちは
我家では契約は全て私がさせられるので・・・
やっぱり!ばっかりですかぁ。。

この記事へのトラックバック