真相究明♪

「【真相究明】徳川を祟る「伝説の妖刀・村正」、実は大量生産の安物だった! 美術品・文化財的な価値もなし、イメージと真逆の実態」記事は⇒こちら。。
村正といえば、今なお「徳川を4代にわたって害したため、徳川家康が直々に持つことを禁じた、徳川家に仇なす妖刀」か、あるいは単に「妖刀」として知られている非常に有名な刀です。時代が江戸から明治へと変わる幕末には、その伝承が巡って「縁起物」となり、幕府に敵対する倒幕派の志士たちは、こぞって村正の刀を求めたといいます。
■村正が徳川家を害した、ごく当たり前の理由
 村正が、現在の三重県北東部の桑名市で活躍した刀匠であり大量生産の数打ちをよしとしていたこと、村正の刀は安くてよく斬れるコストパフォーマンス抜群の品であること、さらに村正の周囲に住む大名や武士たちが村正の刀を大量に買い求めたということは先述した通りです。
 これら村正の事情を、時代的、地理的な背景に照らし合わせて考えてみましょう。江戸幕府を開く前、徳川家が治めていたのは三重県の東隣にある現在の愛知県岡崎市周辺で、村正の工房があった三重県桑名市とは直線距離で約50kmと、比較的近い場所にありました。そしてこの時代は交通の便が悪く、遠方から陸路で物を運ぶのは困難かつ危険なことでした。また、三重県と愛知県を挟む伊勢湾は穏やかで、古くから海運が盛んに行われていた場所です。
 ここまで書けばもうおわかりでしょう。徳川家の周りには、三河武士たちがこぞって買い求めた、切れ味鋭い村正の刀が大量に流通していたのです。周りにいるたくさんの人々が村正の刀を持っていたがため、村正の刀はたまたま徳川家に害をなしてしまい、結果として妖刀扱いを受けるに至った、という訳です。
 そう、徳川を害する妖刀村正伝説は偶然の産物なのです。
■妖刀村正伝説の放つ「妖しさ」
 さらに指摘するならば、実はこの妖刀伝説自体、その出自や由来があやふやなものなのです。家康は特注でもしたのか、異色の逸品と評される珍しい特徴を持つ村正の刀を愛用し、決して手放さなかったと伝えられています。
実のところ、妖刀村正伝説における最も不可思議な点は、徳川家を害したエピソードではなく、その伝説が生まれた経緯と発祥なのです。いくつか仮説は立てられていますが、いずれも決定力に欠けるものでしかありません。
 つまり「妖刀村正伝説」は、歴史に埋もれたミステリーといえるのです。(文=たけしな竜美)
 不思議♪ミステリー♪ 真相は究明しなくても良いものもありそうですねぇ。。
僕も・・・どっちでもいい。。わん♪
画像
さて、たまには?バレエのお話も・・・
今は衣裳の書類を整理して新しく作り直しています~~ そして・・・そろそろ秋の「文化祭」準備に入らないといけませんねぇ。。ん~演目は何にしょうかなぁ。。

この記事へのコメント

にゃーちゃん
2017年06月08日 15:09
こんにちは(*^o^*)
もう秋の文化祭準備ですか~
またまたお忙しくなりそうですね♪
ヴィフちゃん見てたら まったり気分になり癒やされました~(-^〇^-)
ballomam&ヴィフ
2017年06月09日 10:12
にゃーちゃんさん。
こんにちは
はい♪昨年がバタバタだったので、きちんと早めに行動しようと思います~~
へへ♪まったり~~
2017年06月09日 14:08
村正って大量にあったんですね(笑)
ヴィフちゃんと一緒で、どっちでもいいですけどね(笑)

今度は文化祭に向けて忙しくなるんですね
ballomam
2017年06月09日 14:27
とまるさん。
こんにちは
大量にあった!のに一番しました。。
そろそろエンジンをかけます~~

この記事へのトラックバック