「渡仏15年」かぁ。。

渡仏15年・・・息子では無いですよ!・・・でも息子もフランスは・・もう何年かなぁ?そろそろ10年になる??
「「渡仏15年」辻仁成が東京に戻らない理由 」記事は⇒こちら。。
 パリに暮らし、精力的に創作活動を続ける辻仁成氏。最近は料理上手なシングルファーザーとしての顔も注目されている。渡仏15年、彼はなぜパリで暮らし続けるのか。シングルファーザーになって仕事のやり方はどう変わったのか。「仕事・子育て・パリの暮らし」について聞いた。
 作家、ミュージシャン、映画監督といくつもの顔を持つ辻仁成さん。近年は、パリで一人息子を育てながら精力的な創作活動を続けている。
パリに移住した理由
――そもそも15年前、なぜパリに移られたのでしょうか? 外国人のお友達が東京をカッコいいと感じるように、何かパリに対する憧憬のようなものが辻さんの中にあったのでしょうか。
【辻】日本では、今でこそ小説を書くミュージシャンがいたり、映画監督がいたりするけど、昔は皆さんひとつのことしかやっていなかったので、いろいろやっていた僕はすごく批判も受けたんです。でもフランスには、イラストレーターで、脚本家で、劇作家で、小説家で、映画監督だったジャン・コクトーがいたり、ボリス・ヴィアンがいたり、セルジュ・ゲンズブールがいたり……自然にマルチな人たちがいたんですよね。
こうしたすごい先輩たちと自分を比べるつもりはないけど、いろんなことをやっても許される文化がフランスにはあるんだなと思って、「行ってみたい。自分にとって居心地のいい場所かもしれない」と考えたんです。これは大きな間違いだったと、あとでわかったんですけどね。当時はやっぱり、彼らも叩かれていたんですよ。

あくまでも僕の個人的な感想ですが、何カ国語も話す子供たちが抱える問題というのか、複数言語での思考はやや問題があるようです。まず1つの言語に基軸が置くことが大事だと周囲のバイリンガルな方々が教えてくれました。今から息子の基軸の言語を日本語に戻すこともできるけれど、親の勝手を押しつけるわけにもいかないですから。だから、フランスで大学まできちんと出て、それから日本語を勉強すればいいんじゃないかなと思っています。

テロはピンポイントでしか起きませんけど、核ミサイルの危険にさらされた日本のほうが怖いという感覚を欧州人は持っていますよ。ミサイルが怖くて韓国でのコンサートをキャンセルしたミュージシャンが話題になっていました。大地震も来るかもしれませんし、怖さはどこも同じじゃないですか? 皆さんパリというと「テロの危険」とおっしゃるんだけど、フランス人は、テロがあったあともそのカフェに行くぐらい、自由に対する強い意志がある。そういうのを見ていると、この国は大丈夫だなと思います。

――立ち入った質問なのですが、辻さんはどのような種類のビザで15年という長い期間、パリに居住されていらっしゃるのでしょうか?
【辻】数年前に10年間有効の居住者カード(carte de résident)を取得しました。僕は映画監督や小説家が所属するフランスの職能団体に入っています。10年カードは自動更新なので、真面目に生活をしていれば自動的にパリで暮らすことができます。政権が代わればわかりませんが、マクロン政権下では大丈夫でしょう。
日本も含め、ビザの問題は非常に複雑で大変です。弁護士さんとこの15年、一緒に頑張ってきました。しかし、右傾化する欧州で今後日本人が生活をしていくのは簡単じゃないでしょう。それだけの覚悟と目的がしっかりないとやっていけないかもしれませんね。
 息子は、コンテンポラリーダンサー&振付家♪ヴァルティカルダンスやクライミング・・色々していますねぇ。。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年06月01日 11:12
こんにちは。

辻仁成の初期の小説大好きでした。
フランスのご自宅を前にテレビでやってました。
素敵な庭を見ながら執筆されているそうです。
人の庭みたいですけど。
にゃーちゃん
2017年06月01日 14:59
こんにちはo(^-^)o
フランスへ行く事だけでも憧れちゃいますね~(≧∇≦)
息子さんも10年ですか(◎o◎)
日本は日本で誇れる国ですがフランスには日本にはない良さが沢山あるのですね。
2017年06月02日 01:33
いつかフランスも行ってみたいです
すっごいお洒落だと思ってます
お洒落には縁がないんですけどね(笑)

息子さん。。。素敵ですよね♪
ballomam
2017年06月02日 09:54
トトパパさん。
こんにちは
えっ!人の庭なんですか?
ballomam
2017年06月02日 09:57
にゃーちゃんさん。
こんにちは
そうですね。それぞれの国にはそれぞれの良さがありますね♪
ballomam
2017年06月02日 10:00
とまるさん。
こんにちは
住むとお洒落じゃない部分も見えて来るみたいですが…ね。。
2017年06月04日 05:21
息子さん、素敵ですね。海外でダンサー/コリオグラファーとして認められるのは並大抵ではありません。これからも末永い活躍をお祈りします。
ballomam
2017年06月04日 10:06
櫻弁当さん。
こんにちは
ありがとうございます。そう言って下さってです。頑張ります!って私じゃないけど。

この記事へのトラックバック