NG。。

「死んだふりはNG プロに聞くクマ遭遇時の“神対応” 」記事は⇒こちら。。
2016年はツキノワグマやヒグマによる死傷者が全国で多発した年だった。そして、今年もクマによる被害が出始めている。
「まず大前提として『遭遇しないこと』が大切です。山を歩くときはクマ除けの鈴を身に着けたり、大声を出したりして自分の存在を知らせるように心がけてください。クマは臆病な動物ですから、人間の存在を察知すればたいていは逃げていきます」
 だが、最善をつくしても遭遇してしまう場合はある。死んだふりや大声をあげるなど、対処法には諸説あるが、何が正しいのか。
「落ち着き、クマを見つめながら後ずさり、十分に距離をとることです。このとき決して大声はあげないでください。先述の通り、クマは臆病なのでパニックを起こして攻撃してくることがあります」
「死んだふりをすると、好奇心旺盛なクマの興味を引き立てて触ろうとしたり、場合によってはエサと認識してしまったりする可能性もあります」
クマの出没は春先から増え始め、晩夏から初秋にむけてピークを迎える。とくに冬眠明けの春と冬眠するために栄養を蓄える秋は危険なシーズン。不測の事故を防ぐためにも、万全の心構えをしておきたい。(取材・文/dot.編集部・小神野真弘)
 クマは臆病なのですよねぇ。。こちらも気を付けなきゃ!!ですねぇ。。
ツバメの巣はこうなりました。。もう7㎝位になっています。
画像
 僕も見守る♪
画像

この記事へのコメント

2017年05月11日 10:58
なるほどね~。こういう知識はその状況になった時生死を決めるかもしれませんね。
こちらで、フロリダだったかな、最近10歳の女の子がワニに襲われる事件がありました。その女の子は脚を噛まれました。はじめはワニの頭を叩いたて逃げようとしたけれど、ワニは放しませんでした。そこで女の子はどこかでワニの鼻をふさぐと呼吸するため口を開けると聞いたのを思い出して鼻に指を突っ込んだら口を開けたそうです。女の子はかなりのケガはしましたが、ちゃんと逃げて生き延びました。落ち着いて鼻をふさぐとよく思い出したものだと感心しました。
2017年05月11日 13:02
こんにちは。

死んだふりはダメらしいですね。
私も奈良の山奥の田舎の山に入る時は、
鈴をつけますよ。
ballomam
2017年05月11日 13:07
櫻弁当さん。
こんにちは
女の子♪すごいですね!私はこんなに冷静でいられないと思います~~
ballomam
2017年05月11日 13:10
トトパパさん。
こんにちは
熊にも人にも鈴が一番優しいのかも?ですね♪
2017年05月11日 15:46
つばめさん。。。頑張れ~です

ヴィフちゃんも見守ってるんですね
背中が可愛い♡
2017年05月11日 19:17
実家の周り 今までは熊なんて出たことなかったのですが 目撃情報があるみたいなんですよね(汗)
会いたくないですね
お墓が山沿いにあるから ちょっと危険です
ballomam
2017年05月12日 10:55
とまるさん。
こんにちは
ツバメはかなりのスピードで巣を完成させています。。
ballomam
2017年05月12日 10:56
みるしっぽさん。
こんにちは
森が狭くなってきているのでしょうねぇ。。
2017年05月12日 15:57
バレエのことは分からないので、こちらでコメント!
新世代クマさん、これまでの常識が効かないので怖いですね!ツバメの巣があるなんて羨ましい~あれ見てるの可愛いんですよね(^^)
2017年05月13日 01:12
クマネタ・・・すっごいのを持ってますよ、あたい。

小さい頃、お父ちゃんと「ワラビ採り」に行って、ですね(そこだけでもすごい?)ワラビを採りながら、お父ちゃんだと思ってず~っと話しかけてたものは、座って草(イタドリ)を食べている熊だったの。
 下向いて夢中で採ってたからね~・・・。その距離、15メートルくらい。
 で、気づいてぎょっとして・・・しずか~に、何事もなかったようにバックオ~ライ・・・クマは、ずっと座ったまま、イタドリの茎を食べてました。
 これ、ホントの話です。ん~、今から40年前~。
ballomam
2017年05月13日 10:48
pmarinさん。
こんにちは
ツバメの子が生まれると嬉しいのですがぁ。。
ballomam
2017年05月13日 10:52
Nyantaさん。
こんにちは
でも・・Nyantaさんとクマの後姿♪その風景見てみたい気も・・・

この記事へのトラックバック