姫路城&「第ニの人生」

昨日の雨 凄かったですねぇ。。
先日、桜と共に色々な所からお城も撮って来ました。
画像
画像
画像
 ちょっと一休み♪のヴィフとパパ 奥の外人さんはヴィフを見ていますねぇ。。そこで加工せずに載せました。
画像
画像
画像
 この日は暑かったので帰ると・・・こんな感じでした。。
画像

「アスリートの「第ニの人生」、その厳しい現実 日産自動車で奮闘する元箱根ランナーの今」
 記事は無くなってしまったのですが・・・ 残していた内容です。。
 長距離ランナーは「就職」を考えると非常に恵まれている。箱根駅伝で活躍するくらいのキャリアがあれば、陸上部のある大企業にスンナリ入れて、選手を退いた後も、「社員」として生活が保障されているからだ。しかし、よくよく考えてみると、現役引退後は“茨の道”が待ち構えていることが多い。
「やっぱり、『なにくそ』という気持ちですね。高校・大学は体育会系のなかで踏ん張り、這い上がってきた人間なので、根性だけは負けません。何をされようが、自分の決めたことがブレるような精神力ではないと思っています。監督から、『帰れ!』と怒鳴られても、『帰りません!』と言って、僕は陸上を続けてきました。そんな関門を通り抜けた経験が今の自分を支えていると思います」
仮に30歳まで「選手」を続けたとしても、サラリーマン選手の場合、定年まで30~35年もある。選手としてよりも「一般社員」として過ごす日々の方が圧倒的に長いのだ。どれだけ偉大なアスリートといえども、“そのとき”は必ずやってくる。しかし、あまりにもそのことを考えている人が少ない。幸せな人生を送るためにも、選手はセカンドキャリアを視野に入れながら、現役時代を過ごしてほしいと思う。

 真央ちゃんも頑張って欲しいですねぇ。。

この記事へのコメント

2017年04月18日 17:20
こんにちは。
アスリートさんは必ず引退がありますから
先を考えなきゃいけなくって大変ですよね。
まったく違った畑に行かなきゃいけないことの方が多いですから。。。
ヴィフちゃん そろそろ暑い日がでてきますね。
2017年04月19日 08:48
外人さん、ヴィフちゃんのことが気になったんですね。たしかに、アメリカ人も犬好きの人が多いです。
2017年04月19日 09:59
こんにちは。

アスリートの第二の人生ですか。
大企業に入れる確率は高いんでしょうね。
有名になられても、第二の人生を失敗される方もいらっしゃいますね。
ballomam
2017年04月19日 10:20
にゃーちゃんさん。
こんにちは
アスリート時代に次につながる何かを見つけられるといいのですが…ねぇ。。
ballomam
2017年04月19日 10:22
櫻弁当さん。
こんにちは
海外の方はストレートに・・日本の方は遠慮がちに近づいて来られる方が多い気がします。。
ballomam
2017年04月19日 10:24
トトパパさん。
こんにちは
有名になり過ぎると…色々大変なのかもしれませんねぇ。。
2017年04月19日 11:48
お城が素敵♡
先日、母とお喋りしてるとき姫路城に行ったねって覚えてました

ヴィフちゃん。。。お疲れさま~ (^^)
ballomam&ヴィフ
2017年04月19日 15:59
とまるさん。
こんにちは
お母様と姫路城に来られたのですねぇ。
 この日は暑かったんだわん♪

この記事へのトラックバック