ハーバード♪

今日から連休の方も多いのですね。
当校は祭日&五週目ですが・・今日も明日も通常通りレッスンを行います~~

「ハーバードではなぜ明治維新と岩崎弥太郎を学ぶのか」記事は⇒こちら。。
ハーバードビジネススクールの選択科目「起業家精神とグローバル資本主義」では、三菱グループの創業者、岩崎弥太郎の事例を教えていますね。
第1部のテーマは「欧米とその他の国々の格差の拡大」です。その中で岩崎弥太郎の人生を軸に、日本の明治維新について教えています。
日本が他の国とは違うのは、明治維新で社会制度そのものを国民がひっくり返してしまったことです。全く新しい制度を国民主導でつくりあげたのです。その原動力となったのは、地方の小さな武士のグループです。彼らは「日本は中国やインドのように遅れてはならない」「欧米に早く追いつこう」と考えました。土佐藩出身の下級武士、岩崎弥太郎はそのグループの一員でした。明治時代に三菱商会を創業し、商人として大成功を収めました。
 国の社会制度は変えられるものだ、ということです。自分の国の制度が国全体のためにならないと思えば、変えることができるということです。最初は1人でも、小さなグループでも、本気で立ち上がれば、国全体を変えられるのです。
 もちろんそれには犠牲が伴います。明治維新では多くの日本人が亡くなりました。でもそのおかげで近代化が進み、日本の経済は急速に成長したのも事実なのです。
岩崎弥太郎の人生をあえて紹介しているのは・・・岩崎弥太郎がこの時代に最も成功したビジネスリーダーだったからです。その上、生き方もユニークで性格も豪快。非常に魅力的なキャラクターです。

「三菱自の燃費不正4車種、5月2日から再試験へ=石井国交相 」⇒こちら。。
 いつの間にこんな事(不正)になっちゃったのでしょう。。
 僕も日本を変えられるかな?ん~考えてみる▽・。・▽ワン!
画像
画像
画像


この記事へのコメント

2016年04月29日 14:13
やっぱり、徳川の世を終わらせ明治を切り開いた日本の若者はものすごい行動力だったのですねぇ。
ballomam
2016年04月29日 14:31
kojiさん。
こんにちは
本当に!精神的にも強かったのでしょうねぇ。。
にゃーちゃん
2016年04月29日 15:40
こんにちは(o^∀^o)
日本のトップはどうなったのでしょうね。
第二次世界大戦でその優秀な遺伝子が消えたとか!?
もし消えてしまったとしてもまた元気な日本に戻る頑張りが今必要なのでしょうね。
ヴィフちゃんはみんなを癒やしてくれてますから 十分お役目果たしてますよ~(≧∇≦)
2016年04月30日 00:10
幕末〜維新の頃の人たちって「日本をよくしよう」「欧米に負けるな」という熱血というか情熱、信念を持って行動したんだなぁと思います
今は、、、、とりあえず、ばれなきゃいい、問題先送り、、、だめだねぇ
ballomam&ヴィフ
2016年04月30日 10:28
にゃーちゃんさん。
こんにちは
あっ!遺伝子が・・そうかもしれません~~
だと嬉しいなぁ。。へへ♪▽o・ェ・o▽わん。
ballomam
2016年04月30日 10:30
乳母やさん。
こんにちは
情熱と信念!なんですよねぇ。。今は
2016年04月30日 13:37
こんにちは。

ゴールデンウィークもレッスンなんですね。
お疲れ様です。
情熱と信念を持って何事も取り組まないといけませんね。
岩崎弥太郎、龍馬伝の時しかよく知らないです。
2016年04月30日 19:43
三菱自動車、最近ようやく上向きかけてるかな~と思っていたのにガッカリですね。
会社の体質って変えられないのですかね。。。
ballomam
2016年05月02日 10:52
トトパパさん。
こんにちは
ありがとうございます。頑張ります~~
岩崎弥太郎さん。私もあまり・・知らないのです~~
ballomam
2016年05月02日 10:53
T2000さん。
こんにちは
体質って変えるのは難しいのですねぇ。。

この記事へのトラックバック