ballomamのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS バブル期。。

<<   作成日時 : 2017/08/27 10:20   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 12

「バブル期日本人の「蛮行」に苦しんだハワイに見る観光業の未来 」記事は
⇒こちら。。
今、中国人を始めとした外国人観光客に辟易しはじめている日本だが、バブル期を振り返ってみれば、円高を背景に世界中に旅行をして蛮行を繰り返し、ハワイでは「もう来るな」と言われた時代だった。観光業のメリットとデメリットを、われわれはどう考えればいいのだろうか?(ノンフィクションライター 窪田順生)
■外国では観光客狙いの事件も!日本でも増える不満の声
観光客が落とすお金によって地域が活性化して、自治体への税収などが増えれば、まわりまわって住民にもプラスの効果がある、というのは頭では理解できるものの、それと引き換えに「暮らしやすさ」「穏やかな日常」が徐々に失われているのでは、という不安から「外国人観光客は来るな!」と憎悪をむきだしにする人も少なくない。
■バブル期の日本人の蛮行は中国人観光客といい勝負
日本人の「爆買い」のすさまじさを、当時のハワイ市財務局長はこのように述べている。
「このままの勢いで投資が続くなら、日本人は1年でオアフを買うことだって出来る」(朝日新聞1988年4月26日)
■日本人が根こそぎ荒らしたハワイの惨状
日本企業によって観光地化が進められていたマウイやモロイカから報告された住民の怒りの声は、いまの京都や浅草の住民たちがこぼす「不満」が、ちっぽけだと感じてしまうほど深刻なものだった。
「ホテルが建って地元漁民が漁ができなくなった」「ゴルフコースができて農地をとられた」「先祖の墓地をつぶされた」「秘境に50隻以上もの遊覧船が毎日1000以上の観光客を運び、水の汚染が始まった」
■不景気やテロも何のその一貫して右肩上がりの観光産業
人間が異なる文化・異なる社会を見てみたい、体験したいという知的好奇心は根源的な欲求である。つまり、観光とはこの地球上に人間がいる限り、成長していく産業とも言えなくもない。
■かつての惨状から回復したハワイの観光業界
 かつて「バーバリアン」だった我々日本人も、20年以上が経過した今、行儀の良い観光客に変わった。「観光客などが来ても、我々には百害あって一利なしだ」と先住民が訴えていたハワイも、バブリーなゴルフ場やリゾートという一方的な大規模開発路線から転換して、先住民と観光の「共存共栄」の道を模索している。

海外では文化財などの展示施設では、外国人観光客に高額な入場料を払わせる一方、自国民や住民はタダであることが多い。稼いだ入場料の一部を社会福祉に回すこともある。
 日本人はこういう「差」をつけることが苦手だが、観光客にたっぷりと金を落とさせて、地域住民が生活のために払う金を少しでも減らすということこそが、「観光と住民の共存共栄」の第一歩なのだ。
 観光が地域を殺すも、生かすも、頭の使い方次第ではないだろうか。
 そう言えばフランスでも息子はパスを持っていたので、美術館などはタダだったり割引がありましたねぇ。。
「観光と住民の共存共栄」の第一歩♪なるほど~~です。。
今日はシニアクラス「文化祭」の為のオーディション♪です~~
 へへ♪
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
差をつけない日本人は真面目&優し過ぎることもあるのですかね。
ヴィフちゃん 嬉しそうですね〜♪
にゃーちゃん
2017/08/27 14:15
にゃーちゃんさん。
こんにちは
日本人は細かいところが気になりすぎる気もしますねぇ。。
ballomam
2017/08/27 14:40
こんばんは。

バブル。。。
私が社会人になった時はバブル、もう弾けてたんですよね。。。
でも、1年目、2年目、3年目くらいまでは、確かに景気もよく、ボーナスも多かったし、わけのわからない出張もよく行かしてもらってました。
トトパパ
2017/08/27 19:52
日本人も昔は態度が悪かったんですかぁ
恥ずかしいですね

ヴィフちゃん可愛い♡
とまる
2017/08/27 22:37
 北のあり方も、よく考えると戦時中の日本のあり方によく似てるし、中国のあり方は確かにバブル期の日本のあり方によく似ている・・・けど、だからこそ、同じことを繰り返してほしくない気がします。
 日本も、どこかの国の失敗の後追いをしないように気をつけなくっちゃね!
Nyanta
2017/08/28 02:27
おはようございます。

記事を拝見して、ひとつ思い出したことがあります。

ボクの実家は登別という登別温泉の近くにあり、子どもの頃は登別温泉旅館の優待券が各家庭に配られ、その券をもって子どもたち同士で、温水プールに行った記憶があります。

観光客と地元住民に差をつける施策は、地元への還元という意味でも良いですよね。
koji
2017/08/28 07:48
トトパパさん。
こんにちは
そうですかぁ。。私はバブルの恩恵♪全然記憶に無いのですねぇ。。
ballomam
2017/08/28 14:07
とまるさん。
こんにちは
はい。日本人も恥ずかしいことあったみたいですねぇ。。
ballomam
2017/08/28 14:09
Nyantaさん。
こんにちは
連鎖的に後追いをしていますよねぇ。。
ちょっと面白いなぁと思っていたのは・・・昔は首からカメラを提げた日本人観光客が馬鹿にされていましたが、今はどの国の方も下げておられますねぇ。。
ballomam
2017/08/28 14:15
kojiさん。
こんにちは
登別温泉は最先端ですね!
ballomam
2017/08/28 14:18
日本社会内ではしていいことと悪いことは割合はっきりしています。それが、国際的な場になると、そのままでは通らないこともあるしどうしてよいかわからないことがあるし、旅の恥はかき捨てみたいなメチャをしたり、みたいだったのすね。
記事にはハワイの一つの島をモロイカと書いていますが、綴りはMoloka'iなのでモロカイというべきでした。
櫻弁当
2017/08/30 02:50
櫻弁当さん。
こんにちは
「旅の恥はかき捨て」と中々割切れず引きずってしまう私なのですよねぇ。。
あっ!本当!!モロカイですよねぇ。。
ballomam
2017/08/30 11:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
バブル期。。 ballomamのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる